[リマ 9日 ロイター] - 南米ペルーの大統領選決選投票は9日も開票作業が続いた。選挙管理委員会によると、開票率99.8%の段階で、急進左派のペドロ・カスティジョ氏(51)の得票率は50.2%と、アルベルト・フジモリ元大統領の長女で中道右派のケイコ・フジモリ氏(46)を0.4%ポイントの僅差でリードしている。

大接戦となる中、ケイコ氏はカスティジョ氏陣営の「不正」を主張している。ケイコ氏と共に出馬しているルイス・ガラレッタ副大統領候補は9日、「不正を裏付ける全ての証拠を提示する」とし、党として弁護士と共に訴訟の用意を進めていると明らかにした。

ケイコ氏は9日遅く、十分な証拠を示さず、不審な票が約50万票あると主張。「最終結果でこの点を分析することが重要だと考えている」と述べた。

カスティジョ陣営は、ケイコ氏の主張を強く否定。監視団も選挙は公正に行われたとの見解を示している。

不正疑惑を巡り、数週間にわたって混乱や緊張が続く可能性もある。

また、約30万票の疑問票がある。これらは選挙管理委が設置する特別委員会の集計が必要で、数日を要する可能性がある。

カスティジョ氏の経済顧問を務める経済学者のペドロ・フランケ氏は、カスティジョ氏が大統領に就任すれば、「市場経済」を維持する意向で、「経済に大規模な介入をする考えはない」と述べた。

さらに、医療保険や教育への支出拡大に向けて、鉱山会社への増税や法人税逃れの防止が最優先課題になるとの見通しを示した。

*内容を追加しました。