新着Pick
313Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
業績絶好調、宅配寿司「銀のさら」創業者・江見朗氏の連載をスタートします。
■第1回 なぜ我が社の宅配寿司だけ生き残れたのか
■第2回 学歴社会から逃げて米国で寿司職人になった
■第3回 宅配は論理的に考えて努力すれば結果が出る
■第4回 チラシはデリバリーの生命線だ
■第5回 感謝の気持ちに気づいたら事業が好転した
■第6回 社員の自発性を引き出す「怒らない経営」
■第7回 収益が悪化した店舗を立て直す自信がある
---
新型コロナウイルス感染症拡大に伴う外出の自粛や飲食店の休業などを受けて、フードデリバリー需要が増加。その中、順調に売り上げを伸ばすのが、宅配寿司「銀のさら」を手掛けるライドオンエクスプレスホールディングスだ。

2021年3月期の売上高は253億円(前期比20.7%増)、経常利益は24.3億円(同84.9%増)を達成。過去最高益を更新した。宅配寿司における「銀のさら」のシェアは50%を超え、圧倒的ナンバーワンだ(※富士経済「外食産業マーケティング便覧2020」より)。

かつて宅配寿司チェーンは、宅配ピザチェーンよりも多く存在したというが、なぜ「銀のさら」だけが生き残り、急成長を遂げたのか。創業者で社長の江見朗氏の半生を振り返りつつ、その秘密を「商品づくり」「販促」「ビジネスモデル」「怒らない経営」といった視点から探っていこう。(全7回)
宅配飲食業態は、オペレーション効率が命。時間が付加価値ともいえ、飲食ではないがコンビニとも相似形。FC展開、オペレーションの効率化、また大量店舗出店(これ自体が店舗密度が高い地域での広告効率や、デリバリータイムの最小化など顧客付加価値にもつながる)などはすべて重なる要素。
そのなかでピザと寿司の違いについて、実際にやってらっしゃる方の言葉が興味深い。
この二つしかスケールしてない市場で難易度が最も高い寿司。徹底的にやり方やモデルを改善をしたことが伺える。プロの経営者を感じさせる。楽しみな連載「宅配ビジネスの草分けとなったピザと寿司ですが、実はこの2つでは難易度に大きな差があります。寿司の方がとても難しい」
寿司宅配は損益分岐点高く、軌道に乗せるまでの初期販促費用も高く、かつ初回→2回目リピート率が30%を越えないと成り立ち辛く。コロナ禍でもより伸びたのは先行プレーヤーでした。
ターゲットをしっかり決めた好例だと思う。
しかも、内容については妥協しない事もポイント。

役所に勤めてて、世界が違うようで、なんとなくヒントを感じる。
おもしろい。勉強になります。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。