新着Pick
409Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
「ドムドムハンバーガー」社長・藤﨑忍氏の連載を本日からスタートします。
---
今、日本最古のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」が注目を浴びている。ソフトシェルクラブを一匹丸ごと豪快に挟んだ「丸ごと‼カニバーガー」などの斬新な商品でネット上を沸かせ、人気ファッションブランドとのコラボで若者の心をつかむ。

老舗でありながら数年前まで衰退の一途をたどり、2017年にはレンブラントホールディングスに経営権を譲渡。現在、ドムドムの指揮を執るのは、39歳まで就職経験のない主婦だった異色の経歴を持つ藤﨑忍社長だ。社長就任から2年半、2021年3月決算で事業譲渡後、初めて黒字を果たした。

近年、アメリカ発の高級グルメバーガーの上陸を機に、「低価格で手軽」というハンバーガー業界の概念が変わりつつある。その中で、復活の兆しを見せるドムドムハンバーガーの戦略とはどのようなものか。藤﨑氏が、波乱万丈な半生を振り返りながら明かす。(全7回)

■第1回 主婦から転身、日本最古のハンバーガーを復活
■第2回 21歳で結婚。政治家の夫を内助の功で支える
■第3回 39歳で就職。渋谷109の店長になり、売り上げ倍増
■第4回 新橋の居酒屋の女将、人気店に成長させた心配り
■第5回 SNSで話題「手作り厚焼きたまごバーガー」
■第6回 毎月のように新商品を発売できる開発力の秘密
■第7回 共存共栄の心が企業の発展を生む
人気 Picker
ドムドムはダイエー系列だったんですね。本題とは違いますが、ちょっと調べてみるとらんぷ亭、VolksからHUBまで、それなりに有名だけど不振で売却されたものが多くて驚きました。チャンスがあったら是非調べてみたいと思います。
小学生の頃にガンダムごっこをしながら食べた記憶のあるドムドム。
懐かしい...。
「絶滅危惧種」と呼ばれていたのは知っていましたが、最盛期の1990年代には全国400店舗を運営していたということに逆に驚きました。
藤﨑忍社長のキャリアが目を引きますが、主婦も異業種も経験しているというのは、強みですね。
子供の頃は近所にあったドムドムバーガー、もうなくなったのかと思ったらここ数年、時々見かけるようになり、どうしたんだろうと思ったらこういう社長の活躍があったのね。こういう面白い話を拾ってくるのはNewspicksならではだろうな。
ドムドムバーガーは私の思い出の一部。東武伊勢崎線の足利市駅の改札を出たところにあったハンバーガー屋さん。東京までの特急をまったり、駅について食事をするときによく使っていました。足利市駅のお店は閉店してしまいましたが、こうした形で新たな成長へと向かう中、藤崎社長の考えを知るのが楽しみな連載です。
ドムドムと一万円ハンバーガーコラボしたい!
まさに、同質化は身を滅ぼす。
顧客価値を徹底的に追求し、ニッチマーケットでメジャーを目指すべきですよね。
この記事を読んで、 藤﨑 忍さん執筆の書籍が発刊されたことを知ました。興味をいだきましたので、時間がある際に読んでみます。

ドムドムの逆襲 39歳まで主婦だった私の「思いやり」経営戦略
https://domdomhamburger.com/topics/2214.html
最近ほとんどテレビを観る機会はありませんが(ニュース番組以外)、唯一毎週必ずチェックしているテレビ番組「激レアさん」にも登場されていました
すばらしい!

ドムドムは私の恩師である田中洋先生のマーケティング講義でも「日本最古のバーガーショップだけどダメになった例」としてよく出てきてました。
それが復活! 藤崎社長、元政治家の妻からドムドム復活の救世主に。
もう一回言いますが、すばらしい!
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン