新着Pick
622Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
経産省は今年5月、2050年に再エネで発電量の54%をまかなってカーボンニュートラルを達成しようとすると、電力コストが現在の約2倍に膨らむという試算を発表しました。ちなみに再エネ100%の場合、電力コストは4.1倍になる試算です。

この数字に対して、再エネ推進派は「高すぎる(もっと電力コストを抑えられる)」と指摘し、原発の稼働を重視する専門家は「実際はもっと高くつくのでは」と話しています。

何が本当なのか、フラットに比較検討するにはどこに目線を置けばいいのか。電力の世界は本当に複雑です。土台の部分の議論から整理しないと、電気の、再エネの市場に本腰を入れて参入する企業を増やすのは難しいと感じました。
20年前のエネルギーのコスト予測と
今を比較してみると大幅に向上しています。