新着Pick
497Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日オープンした飲食店でデリバリーも始めるため、Ubereatsに問い合わせたところ5回目でやっと返事が返ってきました。(1ヶ月以上!)
デリバリーは3社入れていて、どんどんライバルが出る中で対応が遅いとここの導入はもういいや…となりますね。
既に2強のUberEats、出前館が存在する中で、続々と海外勢が参入してきています。

フィンランド発のウォルトは最近よく耳にするようになりましたし、ドイツからフードパンダ、韓国からフードネコと群雄割拠の状態です。

最後発で飲食店向けのITツールによる支援を強みとする米国最大手のドアダッシュが日本へ参入してくることで、競争が激しくなり、じきに勝敗が見えてくることになるでしょう。

しばらくはキャンペーンなど消費者側へのメリットも大きくなることが予想されるので、楽しんで活用していければ良いですよね。
アメリカのレストランチェーンオーナーの知人はフードデリバリーを「使うのも苦しい、使わないのも苦しい」と指摘していました。手数料の高さが収益に痛手である一方、集客力はバカにできないという意味です。まだまだいろいろあるでしょう。アメリカもそうですが、日本においても飲食店、デリバリー、配達員の共存共栄のポイントがどのあたりにになってくるのか、見守りたいと思います。
DoorDashはアメリカでも都市からではなく、郊外から攻めていく戦略を取っているので、日本でも同じように仙台から攻めるのは納得感があります。

シェア取り合戦の行方が楽しみです。
フードデリバリーはもうこれ以上ないくらいのレッドオーシャンですね。ユーザーにとってみれば、プレイヤーの価格競争(手数料の下げ合い)やポイントなどの還元競争で恩恵を受けることのほうが多そうだけど、かたやプラットフォーマーと配達員にとって、少なとも都心部は稼ぎにくい環境になっていると思う。

だから、この市場にさらにドアダッシュが参入するのって個人的には「きっちり勝ち筋を描けてるのか」が疑問です。

あと、UberEatsがやってる配達手数料が無料になるサブスクがどの程度、伸びてるのかも気になってます。
フードデリバリーの顧客評価はサービス品質。日本人にとって、清潔感があって、時間が正確なサービスが最低の条件でしょう。背負っているバッグが汚れているもの、衣類が汚い人が妙に目につきます。
各社シェアアップの為、飲食店側・利用者側にばら撒き。店側もばら撒きタイミングだけ乗りその後やめる前提も多く。手数料は横ばいなので流通総額を伸ばして1店舗辺り売上を伸ばせる所だけに加盟開発でも集約されそうです。
出前、世界中にできてるってことか。
サードウェーブコーヒーも日本の喫茶店文化ぽいし、出前も日本にあった文化だし、日本特有のものをアップデートして世界に出るみたいなことができるんじゃないかと思ったりする。それができないのが日本なのかもしれないけど。
〇〇pay戦国時代を思い出します
ユーザーとしては各社がキャンペーンを頑張ってくれるので嬉しかったのですが、デリバリーサービスもそうなるでしょうね。
サービス自体の価値に大きな違いがないと、価格での戦いになるのが難しいですね。
WoltとDoorDashの戦略は近い気がします

実はWoltは5月末時点で14都道府県21都市で展開しているようです。
そして本日から新潟市に進出しているようです。
参考:料理宅配のWolt、新潟市に10日進出 甲信越地方で初
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC07B890X00C21A6000000/
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。