新着Pick
93Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
博士支援はありがたいです。気象学専攻でも支援が受けられるなら、それはきっと大きな後押しになると思います。
女子学生引き上げに関しては、長い期間をかけて意識改革でも行わないと無理な気がします。必要なのは数合わせのための人材ではなく、進んでやりたいと思える人材です。
人気 Picker
3月から若者円卓会議の有識者の一人として、提言しました。昨日大臣にとりまとめを手交しました。

今回5人の35歳以下の若者と、柳川先生という少ないメンバーでの議論だったことに加え、時間もかなりタイトでした。
全てを網羅できなかったのですが、変えるべき点を優先順位つけてお伝えしました。

ぜひ研究と起業、ライフイベントと人材、STEM分野とくにIT分野の女性、地方と若者の提言を下記よりご覧いただければ幸いです。

https://www5.cao.go.jp/keizai1/wakamonort/index.html


その他のメディアは私たちが最も伝えたかったSTEM分野の女性についての提言で記事がでてるので、こちらもあわせてご覧ください

https://www.47news.jp/amp/6367155.html
近年,博士課程に進む人が減っているのだなあ,ということを感じることが多かったです.前職場で博士課程の院生をアシスタントに雇うことがありましたが,近年はそういった院生を探すことが急激に難しくなっていったからです.

現在の日本では,よほど有能な人でなければ「博士に進むといいよ」「少なくとも日本の大学の博士課程に進むといいよ」とは言いづらくなってきています.

ほかの方のコメントにもありますが,「夢破れたときの支援も必要」だと思います.個人的には博士号を持っていれば国家公務員の総合職試験を免除するくらいの措置はあってもいいと思っています.

【追記】やはり,真ん中は柳川範之先生でしたよね!
私が以前に博士課程の学生の就職支援をした際に感じたのは、各企業が博士改定の学生に対して「コミュ障」とか「扱いにくい」という偏見を少なからず持たれているということでした。
実際は必ずしもそんなことないので、採用を担当される方々のそうした先入観が一日も早く払しょくされることを願います。
在学中の経済支援は確かにあった方が良いわけですが、それよりもっと大事なのが、社会での博士人材の有効活用と博士自身のキャリア観ですよね。

前者は高い成果と待遇がセットになる仕組みを確立する事、
後者は起業や社内提案、もしくは海外進出で新たな位置を確保することかなと。

私も文系博士として、単に大学のポジションに留まるだけじゃいけないなと、スポーツビジネス分野で色々と試行錯誤しております。
企業の側に博士課程出身者が少ないと、採用した実績がないというだけの恐怖感で採用できなくなってるんだと思う。社会のマイノリティ全般に対する態度と一緒とも言えることかもしれないが。

学生が少なくなっている中で、「いい人材採れない」と言う前にすることもあるとは思う。
就職先ないのに$$配ってポスドク増やして。。のと同じに見えますけどねぇ

ナナマイキ言ってスミマセン
大事。いつからでも、だれでも博士に挑戦して欲しい。
博士が活躍できないのは日本企業で研究ポジションが減っていることと、まともな研究を大学が出来ていないことの両面があるかと。ただ活用せいと音頭とっても解決しにくい問題。
国が支援すると決めたなら本気でやってよな。
この国で博士行くのって結構博打だが、それを国がわかってるのかよくわからない。まさか、漢字検定等の各種資格と同じようなものだと思ってないよな?