新着Pick

フランスによる「戦略的自律」の追求とバイデン政権下の米欧関係の展望

公益財団法人日本国際フォーラム
バイデン政権の成立により、「米国ファースト」を掲げたトランプ外交は4年で幕を閉じることになった。トランプ政権は、中国やロシアを修正主義国家と位置づけ、両国との大国間競争の時代が復活したとの認識を示す一方、それにともに備えるはずだった同盟国との関係を軽んじた。なかでも大きく動揺したのが、NATO(北大西洋条約機構)である 。
2Picks
Pick に失敗しました