新着Pick
128Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
理論的にどうか、というよりも何十万車も走っているテスラ車が事故を起こしてみない事にはなんとも言えない。毎年世界では100万人以上が交通事故で死亡しており、当然ほぼ全ては人の運転が引き起こしています。
自動運転による交通事故と自動運転による事故では恐らく自動運転の方が数自体少ないでしょう。近い未来に間違いなく自動運転の車の方が多くなりますが、哲学的、倫理的な問題はあまり踏み込まれていないのが気になります
人の運転はいずれ法律で禁止にしてほしいとさえ思っています
データ次第ですので、今予測できる性能向上からはレーダーは要らないという判断だと思います。スペースXはレーダー技術を使っており、テスラもレーダーの試験も続けていますので、今後コストが大幅に下がりそうだったり、画像認識に限界があれば変更もあり得ると思いますが、テスラの意思決定は常に思い込みではなくデータです。
記事に書かれている通り、「カメラ、電波を用いるレーダー、光センサーのLiDARの3つ」はそれぞれ長所と短所があるため、組み合わせて自動運転に必要な物体検出を実現してきました。

レーダーの長所は計測距離が長いことと、相対速度も検出できることです。例えば、「100メートル先の車は時速50kmで走っている」といったことがわかります。光源や天候に左右されないことも強みです。(ちなみに短所は、発泡スチロールや黒い物体など、反射しにくいものは検知できないことです)

テスラはレーダーが不要でカメラで代替できるということですので、おそらくカメラの解像度がすごく上がったということでしょう。ただ、カメラで相対速度を算出するには、かなりの画像処理が必要になりそうで心配です。
また、カメラも天候によっては検出力が低下するため不安です。全てのカメラにワイパーでも付けるのでしょうか?天候に左右されないレーダーは本当に捨ててしまって大丈夫なのかと疑ってしまいます。
Consumer Reportの実車テストの結果が楽しみです。もし、レーダーなしで、カメラだけでも同等の性能が実現できたとしたら…世の中の常識が、ひっくり返ることになります。

考えてみれば、SpaceXがロケットの再利用を言い出した時も、専門家は、ほぼ全員「そんなことができるわけがない」と言っていましたし、Teslaが最初のロードスターを発表した時も、自動車業界からは「こんなものが売れるはずがない」と言われたことを、全てひっくり返してきたElon Muskですから、もしかしたら、今回も「レーダーが不要であるはずがない」という常識(?)をひっくり返すかもしれませんね。

(以下、記事中から引用)
マスク氏はエレクトレクで、カメラによるシステムは非常に性能が向上しており、レーダーなしでも問題はないとの認識を示した。

NHTSAは先に「モデル3」と「モデルY」の運転支援機能の一部について、安全面の推奨を示す「チェックマーク」が外れると発表。米有力専門誌「コンシューマー・リポート」もモデル3は最高推奨対象ではなくなると表明した。NHTSAとコンシューマー・リポートはいずれもカメラを使った新システムをテストする意向だ。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
時価総額
77.7 兆円

業績