新着Pick

来日できない中国人向け、「爆買い」商品集めてネット販売…ANAが輸送も

読売新聞
ANAホールディングス(HD)のグループ企業が、コロナ禍で来日が難しくなった中国人向けに、新たなインターネット通信販売サービスを始めた。中国のIT大手テンセントと協力し、日本酒や化粧品などかつて「爆買い」された人気商品
70Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
人気商品はすでにブランド自身が越境ECで直接販売している、もしくはマツキヨさん、サンドラッグさんなど越境ECに取り組んでいる小売企業さんも販売していて割と競争が激しくなっています。
よほど差別化要素がないと購入客を増やしていくのは難しいのではないでしょうか?

そもそもインバウンドで売れている商品=越境ECで売れる、というわけでもなく、旅行先のお土産、思い出として購入する商品は越境ECで売れなかったり、簡単に買えるようになってしまうと、日本でしか買えない、という希少価値を自ら捨ててしまうことにもなりかねません。

インバウンド業界は今本当にしんどいですが、安易に越境ECだ!と取り組んで傷口広げてる企業さんも散見されるので注意いただきたいです。
批判的なコメント多いですね。個人的にはもう少し捻りをかければ広がる話だと思います。ただ何も工夫なしに元のまま売ろうとすることは安易過ぎるし、それはわざわざ新規事業として謳うようなものでもない。

旅の思い出が土産物の購買意欲につながるものであるならば、逆に土産物を知って、コロナ後の旅に想いを馳せる形があってもよいはず。そうした動機づけのヒントがついてくれば、また物産販売は単なるネット通販の域を越えられるんじゃないか?

色々試行錯誤をするべきですね。
すでに越境ECで商品を販売しているところが多いですがANAを介在させることで得られるメリットをどこで生み出せるかがポイントですね。
日本の物価のやすさを現地に来なくともどこまで提供できるか...が肝でしょうか。

業績

ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.29 兆円

業績