新着Pick
691Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回は値付けの方法や報酬の考え方について。
これまで講演や個別相談では解説していましたが、オンライン記事でここまで詳細に載せてもらえたのは初めてかも?!
やはり全4回だとスペースがあるので、一つ一つのトピックについて、明日から使える実用的なノウハウレベルで体系立てて丁寧に解説できますね。

報酬を上げていく方法や、継続的に活躍するための留意点なども。すべて私自身、失敗も含め様々な経験を重ねながら学んできたことです。

これから副業・独立を考えている人にも、既にフリーランスとして働いている人にも、お役に立てたら嬉しいです。
参考になる記事。

「そうした将来像に近づくためには、あえて「今は単価が低いけど、成長できる」といった案件を選んでいくことも重要です。」

については、私は異なる意見を持っています。単価は最初から適正な価格を提示したほうが良いと思っています。

一度、ある単価で仕事を請け負った実績があると、そこから単価を上げるのはとてもむずかしいです。「以前はこの額だったじゃん」と言われて苦しんでいる友人を多く見ます。

また、単価が安くてもそれに見合う満足度やスキルアップがあればということですが、請け負う仕事そのものではなく、打ち合わせなどのオーバーヘッドの量や大変さは単価に関わらず一定です。なので、単価を倍にして請け負う仕事量を半分にしたほうが、得られる時間的余裕や精神的健康度は高いと思うことがしばしばです。
今回も極めて実用的。自分で仕事を取る方が悩みがちな「値決め」について、納得のいくアドバイスをくださっています。独立当初の「ご祝儀期間」を過ぎても活躍し続けられる人材とは、どのような人なのか。着実に信頼を積み重ねることの重要性を実感します。
組織人にも共通点は多いとうなずきながら読みました。
「相手の期待値をしっかり把握し、期待値コントロールを行いながら、それを超え続ける。そうすれば、信頼や実績が積み重なり、次の仕事につながっていくでしょう」

「準委任型契約」や「請負契約」というものは、フリーランスもフリーランスと仕事をする組織人も知っておいた方がいいですね。

報酬の決め方も実用的でよかったです。
自分のプライシングがわからない…独立したばかりだったり、副業し始めの方からよく質問されること。そんな方にはぜひこの記事を読んでいただきたいです。わたしもフリーランスになりたてのころは「イエスキャンペーン」やっていました!
副業・兼業を本気で考えると、必ず向き合う課題である報酬に関する情報が分かりやすく整理されている。自身の市場価値は幾ら?という漠然とした悩みを整理する上で、大変参考になる視点ですね。単純に工数の積み上げだけではなく、代替するものとの比較や、今まで存在していなかったものの価値ってどう値付けするのか…などについても、"そのもの"の価値を第三者がどのように納得するのか…を理解する上で、有益な視点だと思う。特に、"仕事を貰う側から与える側にまわること"の視点は、極めて重要であり、与える側の思考性をもって取り組めなければ、無理・無茶の連続で苦しいだけの仕事に陥り、継続することは難しいだろう…。常に、"応えるべき相手"を意識して、その人の期待値を超えて、はじめて自身が商品として価値が生まれることを認識したい。言うまでもなく、自身の専門性を常に高めることを怠ってはいけない。個人的には、相手から見た場合の自身の"影響力"を高めることを意識したいですね。
平田さんの分かりやすい記事。
副業解禁論者としての立場もありますが、そもそも私自身が委任契約でお仕事をさせていただく立場ですから、プライシングについては大変関心がありました。ありがとうございます。
値決めの考え方についてのチャートはわかりやすいですね。準委任契約と請負契約の2つ契約があり、請負契約には4つの方法がある。これを覚えておくと、契約先との交渉がしやすくなります。
「長く活躍するために。値決めと継続受注のコツ」という記事ですが、継続受注がとても大事なポイントだと思います。

しかも、継続受注のための「相手の期待値を超え続ける」というのはとても大事ですね。さらに大事なのが、「相手の期待値をしっかり把握し、期待値コントロールを行いながら、それを超え続ける。」だと思います。

ただし、全てに対して受託しているから受け身になってしまうのも問題だと思います。
得てして施主側のわがままを受託側が聞かざるを得ない関係は多いですが、相手の期待を把握しつつ、自分の能力もしっかり把握して、断る勇気を持つことも大事だと思います。
目先のお金のために自分での時間や
資源を切売りしたり安売りする、、はNG
とても共感します。

よほどの専門性やスキルが無いと、
いきなり高額報酬を得ることも難しいです。

周りの個人事業主やフリーランスの方を見ていると

お金を稼ぐ仕事
人脈形成を通じて更なる機会を得る仕事
自分の好きな仕事
困っている人を助ける仕事

、、と色々価値基準で仕事されています。

雇用契約で働く総合職だと、
基本的には会社に出社していると自然と仕事が流れてきますが、
一つ一つの仕事における金銭的対価以外の報酬が何か?を
見極めて行くことは擬似的にでも必要な視点だと再認識しました。
この連載について
教養を身につけたいけども、忙しすぎて学ぶ時間が取れない。一方で、日々のニュースだけでは、体系的な知識を得られない──。そんなビジネスパーソンに向けて、NewsPicks編集部が月ごとにテーマを設定し、専門家による解説記事をお届けする。週末のひとときで、手軽に「新書一冊分の知識」を体得してほしい。