新着Pick
28Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
報道は「省内でも非公表」に疑問を呈しているようですが、これはどうでしょう? まず、被害者が特定されるような情報は「不要」というより「ご法度」だと思います。何よりも被害者が好奇の目にさらされることは避けなければなりません。次に加害者の扱いですが、公務員の人事制度で採用されている「職能資格制度」と呼ばれる日本型(年功序列・能力格付併用型)人事制度では、「人に対して格付けを決定し、格付けに対応した役職をあてがう人事運用」をするため、人事記録に残される「懲戒処分歴」は直近の「昇格」を非常に困難にさせ、またその時点の差を将来に取り返すことも困難なため、処分対象者を出世競争レースから脱落させるインパクトを持ちます(日本型の人事制度は、良くも悪くもこのような制度です)。

私は省内での公表は「襟を正す」ために必要ながら、対象者が推測されるレベルで公表する必要はないと思います(被害者に対するデメリットが大きいことに尽きます)。ただし、公務員という職務の性質上、国民に対する情報の公開は必要だと思います。この記事の範囲では、不祥事を握りつぶすことは意図していたようには見えませんが、国民を欺くことのないよう、人物が特定できない形での詳しい公開が望まれます。

上級管理職のセクハラが握りつぶされないようにすること、例えば省外に公益・ハラスメント通報窓口を設置することは必要だと思います。
何を守るべきなのか? 本質的なことに目を瞑り続けることは益にならない。
個人名は非公表で社内での共有はいると思いますね。しつこいラインもセクハラに当たるんだとしっかり理解させるべき。
人事院指針の指針に沿って非公表だったそうですが、毎回セクハラや性的問題で非公表とされるたびに、個人的には加害者側に加担しているように見えます。公表しなければ抑止にならない。
「被害者らのプライバシーを侵害する恐れがある場合は懲戒処分を非公表にできると規定。国交省は「被害者の心情に配慮した」として公表しなかった。さらに「被害者の個人情報に関わり、個人が特定される恐れがある」として、内部でも明らかにしていない」
こういうのはメディアとして良い仕事。組織内でも事例公開しないなんて愚の骨頂。
この程度なら別に良いかと。
明らかな強制わいせつです
>和菓子を持って女性のアパートを訪ね、股間を触らせるなどした=中部地方整備局。