新着Pick
239Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
理屈はわからないでもないですが、コロナ肺炎を診ていると、いまだに若い人の肺炎は軽症です。

若い人に、ワクチン打ちますから受けに来てください、と言ったとして、若い人は受けに来るんでしょうか?

重症は中年以上。

大丈夫ですかね?

正解は、後からでないとわからないと思いますが。

区長の独断でないことを祈りたいです。
人気 Picker
おお、英断ですね。たくさんの人に濃厚接触する可能性のある職種の人や、活動が活発な若者から打てば、感染拡大を抑えられる可能性ありますね。
批判の的になるのは覚悟の上。外出せざるを得ない人たちを優先するのは理にかなっている。
歌舞伎町のある新宿が、率先してこのような取り組みをするのは良いことだと思います。
それそれの自治体によって人口構成も異なりますし、業態なども異なります。
ワクチン接種の実際の運用はそのエリアの実態に合わせていただけるのが最適だと感じました
打ちやすさだけを理由にするのであれば年齢で区切る必要あるんですかね?

感染モデルに基づいて効率的に集団免疫を獲得していくのであれば、感染率の多い若者から。
重症者、死者を減らそうであれば、高齢者から。
とにかく打つスピードを上げて集団免疫獲得する、というのであれば年齢関係無く、打ちたい人、打てる人から。

何を重視するかで、戦略は変わりそう。
良いですね。最初に決めた高齢者優先ばかりではなく、最近わかってきたコンタクトが多い人たちに対応するのは。スピード感、ターゲットをしっかりということだと思います。
都内の感染者の6割が30代以下だから、合理的な判断ですねー。

https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/by-age-tokyo/
五輪・パラや夏休みを控え理に適った施策ですね。母上も早々にワクチン接種できましたし。今は遠く城南暮らしですが、ふるさと新宿を応援!
素晴らしい判断。新宿区は企業も集積していることから、住民だけではなく、勤務しているビジネスパーソンも出勤ついでに接種を片っぱしから受けられるといいですね。
重症化しやすい高齢者か、活動量が多い若者かは判断が分かれるところだと思いますね。地域性もありますので、やれるところからどんどんやりましょう。