新着Pick
192Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
株主にも株主責任があります。が株主有限責任の原則、というものがあり出資金額の範囲に留まるのが原則です。
問題は優先株・種類株で資金調達を行う場合に色々ストラクチャが組めることで、一般論から外形的に推測するに分配時優先条項を駆使した投資がPEやレートステージスタートアップ投資では常識ゆえ、そうすると破綻前後にSBG(だけ)が残余資産を多く取った取らないといった状況は容易に考えられ、その場合、民民の契約ではそれが通っても法的には論争余地がある、という状況はあり得ます。
無論この会社(そもそも舞台がグリーンシルなのかカテラか知りませんが)の登記国がどこかにも依存するのでしょうし、そのあたりは優れて法律論になりますが。

ともかくも株主にとりあえず取りに行ってみる、という事はこの手の大きな事案だとそれほど稀な事でもありません。
グリーンシルの全体像がもう少しわからないと白黒言えないのですが、運転資金のファイナンスではマクロ的統計的管理とともにボトムアップの与信管理(取引の妥当性・健全性をサンプルチェックする)・回収体制がなければ暴走してしまいます。とくにグリーンシルの融資先にSBGの出資先が絡むのであれば、SBG以外の出資者・債権者は要注意のはず。そんなことはクレディスイスは百も承知だったのではないだろうか。
ref
https://jp.wsj.com/articles/how-deal-making-caught-up-with-lex-greensill-11616127274
色々つながっている。

Credit SuisseがソフトバンクGとの関係を断ち切る(5月31日)
https://newspicks.com/news/5889300

昨年12月に2億ドル注入したが、半年でKaterraは事業閉鎖へ(6月2日)
https://newspicks.com/news/5899601

グリーンシルとソフトバンクG・ビジョンファンドの関係(4月1日)
https://newspicks.com/news/5730715
『米銀大手モルガン・スタンレー出身のグリーンシル氏(44)は11年に起業し、売掛債権を担保にした短期の融資を手掛けた。だが、事情をよく知る関係者らは、ソフトバンクGが出資する企業への一部の融資では売掛債権ではなく、将来の売り上げ予測に基づいて実行されていたと語った。(中略)こうしたローンの多くがクレディ・スイスのサプライチェーン・ファンドを通じて行われ、投資家から集めた資金は100億ドルに上る。資金の借り手にはオヨやモバイル向けソフトウエア開発のフェア・フィナンシャル、新興建設企業のカテラなどが入っていた。』
フィナンシャル・タイムズの記事を読んでみると、事業閉鎖が報道されたSVF投資先のKaterraなどへ融資していたグリーンシルの案件について、クレディS内で結構大変なことになっていて、ソフトバンクGの関与状況についての調査がクレディS内で進行中のようですので、よくあるお話しだとは思いますが、WeWorkの時のドロドロ感も漂っているように思われます。

●ソフトバンクG孫氏の「マネーガイ」、グリーンシル氏は英雄から転落
https://newspicks.com/news/5730715
「ソフトバンクGが出資する企業への一部の融資では売掛債権ではなく、将来の売り上げ予測に基づいて実行されていたと語った。

  営業資料や事情に詳しい関係者らによれば、一部の投資家に対しては、ノートと呼ばれる債券のような商品に組成されたローンが取引の裏付けとして提示されていた。関係者らによると、投資家らには短期の債権による運用と映ったという。

  こうしたローンの多くがクレディ・スイスのサプライチェーン・ファンドを通じて行われ、投資家から集めた資金は100億ドルに上る。資金の借り手にはオヨやモバイル向けソフトウエア開発のフェア・フィナンシャル、新興建設企業のカテラなどが入っていた。

  ソフトバンクGはクレディSのファンドにも投資していたため、利益相反の疑念が浮上。クレディSの内部調査の結果、ソフトバンクGは同ファンドから7億ドルを引き揚げた。」

●ソフトバンクG出資の新興建設カテラ、事業閉鎖へ-インフォメーション
https://newspicks.com/news/5899601
損失を被りかねない顧客の怒りに対処するために、破綻した企業の出資者を提訴するとは…。

出資者である株主は有限責任しか負担しないのが大原則です。

ソフトバンクGがよほど悪質なことをやったとでも主張するのでしょうか?
ちょっと良く分かりませんが、破綻したグリーンシルの融資先にSVFの別の投資先が多く含まれていて、SVFが利益相反的な立場にあったのかな、とか想像してしまいました。
全くの想像です。
何故投資の損失について、同じく損失を被った別の株主を提訴?と思いましたが皆さん同じ疑問を感じていらっしゃるようですね。

役員に対する経営責任を問うというのであれば解ります。海外のファンドの仕組みが解りませんが、LLCということであれば、出資者=経営者なので、経営責任と言うことなんですかね?

ちょっと拙い知識でのコメントで恐縮ですが。
破綻の原因であるKaterraは昨年創業者がCEO職を解任されていますね
ちょうど昨日建設業界の人とお話ししていて知ったのですが、この業界は業績の変動がどうしても激しくなるみたいですね
なので、Katerraはうまく投資・コスト管理をできなかったのかなと思います
https://www.theinformation.com/articles/softbank-backed-katerra-to-shut-down
よくわからない状況ですね。
クレディスイスが融資先のグリーンシル破綻に伴い、債権回収できない状況となった。グリーンシルの最大出資先であるSBGが、グリーンシルの資金調達計画に関与し、資金の一部が予定通りに回らなかったのでないか?という疑い。
クレディの顧客をなだめるためのポーズなのか?
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
10.9 兆円

業績