新着Pick
1231Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
イスラエルはマーケットが小さいのでかなり早い段階から海外市場を見始めます。1→10を目指すフェーズで日本企業が連携できる余地は大きいと思います。

一方でイスラエルの有力VCはかなり数が限定され、有力スタートアップに投資できているVCの多くはアメリカのVCと一部のヨーロッパのVCです。いいスタートアップであればあるほどアメリカに本社を移して、アメリカビジネスを拡大していきます。従って日本企業が連携するには明確な価値を示す必要がある点はシリコンバレーのスタートアップ連携と変わらないと思います。
イスラエルの記事。どんどん盛り上がってほしい。

記事中触れていない特徴は、やはり「多様性」と「OneCommunity」。

「イスラエルのスタートアップってどんな特徴ありますか?」
と聞かれるが、記事中にある通り、100社あれば、100社通りの考え方、それぞれ違う。一括りにできない多様性、ゼロイチ、着眼点が独特である。

「OneCommunity」も特徴的。
紛争が起こるときもそうであるが、1つになる。
例えば、イスラエルに視察して1週間、スタートアップ、VC、政府機関、大学、研究所を回ると、どこにいっても、スタートアップのエコシステムの話から入り、共通のストーリーの中で、自分たちはエコシステムのどの位置でどういう役割かをプレゼンしてくる。

日本は外から見た時にこのエコシステムに対しての共通認識がなく、バラバラのイメージ。

日本人との相性はいいが、それは、「半ユダヤ人」のような人がいる場合に限る。

以前、イスラエルイベントをイスラエルに視察したメーカーの方4人程度と開催した際に、あるメーカーの方の一言を思い出した。

「やりやすいイメージを持ったが、恐らくかなり難しい国だと思います」

という言葉を思い出しました。日本人とイスラエル人は、180度違うので、想像以上に大変です。
人口約900万人の国に、すでに1万人以上のCEOがひしめいている。その中から、もっとも面白い企業をいくつか、紹介してゆきます。

世界中の投資家たちに、最先端のスタートアップ事情を紹介してもらうシリーズ。今回は、ついに1年間のスタートアップ投資額が1兆円を越えた(2020年)、ゼロイチの国として知られるイスラエル編です。

地政学的に極めて不安定なエリアにあることから、サイバーセキュリティ、農業(食料)、ドローンなど、自分の身をまもるテクノロジーが、スタートアップの創業のネタになる。そして資本は、アメリカの名門VCとつながることで、一気に拡大をさせてゆく。イスラエル人の得意不得意もふくめて、とてもおもしろい話でした。

人口が縮小して、相対的に小国になってゆく日本は、アメリカや中国よりも、こうしたキラリと光る小国にこそ、学ぶべきことが圧倒的に多いような印象をうけます。ぜひ、ご一読ください。

行動心理学の第一人者ダニエル・カーネマン教授もイスラエル出身。彼の書籍にはイスラエル軍時代の研究の話がよく出てくるのを見ても、実験が自然科学だけでなく、社会的に根を下ろしている「実験の国」ではと感じます。2年半前に学会で行きましたが、何とか早く戦争が収まってほしいものです。
https://shimizu-lab.jp/blog/3142.html
今回はイスラエルについてお聞きしました!

寺田さんとお会いしたのが2019年に行ったテルアビブ。以来、イスラエルに魅了されています。

未だ戦時中にあって、テクノロジーで戦後復興を果たした日本がロールモデルと聞きました。国全体が起業家養成所のようなイスラエルは、イノベーションを模索する日本と相性がとても良いと思います。
イスラエルはフィンテック領域でもおもしろい。このレポートに紹介されたLemonadeやeTroのほか、セキュリティのRiskifiedやBioCatch、ベンチャー投資のOurCrowdなど、ユニークな会社が多い。

その背景に、起業を促進しようという国策があったのですね。
イスラエルのベンチャーはシリーズBになる前にMAされることを目指すことが多いと聞きました。だからこそ、ゴールが明確でそこまでブレずに突き進みやすいのでしょうね。

Googleテルアビブに昔出張で行ったときにも、国民のすごく身近に起業という選択肢があることにビックリしました!
良記事。ますますイスラエルへの興味が高まりました。0-1文化はとても楽しそうですし、何より優秀な人たちがテック企業を入社もしくは起業することが多いこと自体が競争力なのでしょう。とても興味深いコミュニティです。
世界でユダヤ人は約1,300万人だとされます。世界の人口が78億人くらいでしょうから、0.16%くらい。実は、例えば世界のノーベル賞受賞者の22%がユダヤ人だとされます。米国人受賞者だけで見ると36%がそうだとされます(2013年のデータ)。

そのデータを見ただけでも、ユダヤ人がいかに優秀かが分かりますが、更に、子供の時の全国テストで優秀な成績を収めた上位層が徴兵され、行きつく先が8200部隊なのです。彼らが徴兵が終わり起業するのです。そして、政府の起業支援が戦略的だし、海外展開も政府が支援しています。勝てる気がしません…
日本の大企業でイスラエルに拠点を置くベンチャー・キャピタルだと、
住友商事のIN Ventureや三井物産と現地キャピタリストの共同ファンドであるMagenta Venture Partnersなどが浮かびました。イスラエルの情報は基本的にカバーしていないので詳しくないのですが、日本企業で現地に入り込めているのはやはり数少ないと思います。

ちなみに自分が最近イスラエルでおもしろいスタートアップだなと思ったのは機械学習を用いて自動本人認証ソフトウェア開発するVeriff
https://www.veriff.com/
米著名アクセラレーターY Combinator卒業企業で今年4月には米著名VCのAccelやIVPなどから6900万ドルを調達しています。
実は日本との接点もあります。
JBIC IG Partners(経営共創基盤と国際協力銀行のJV)がエストニアのVCが運用するNordicNinja VCが投資をしていて、今後日本展開してくる可能性もあると見ていて注目しています。
この連載について
世界中のテクノロジーが集まる米シリコンバレーでは、今なにが起きているのか。NewsPicks編集部とシリコンバレー支局が総力をあげて、動画コンテンツでレポートする。