新着Pick
42Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最後の一文。とにかく政策を環境に結びつけて利点を強調するのが今のEU。
大学へ登録(入学)するとき、レンタカーを借りるとき、銀行口座を開設するときなどが想定されている。ただし、義務ではない。
個人情報保護の観点からは世界一といったスタンスが年々垣間見えるのと、EU域内という表現がどうしても保護主義的な見え方をしてしまいます。

一方でクラウドサービスの世界シェアを見ると、1-4位までが米国の企業でほぼ席巻状態。

域外と域内での促進により市場はより活性化すると推察しますが、一方で個々人の在り方が今後ますます重要視される事も必至で、なかなか妥協点を見出すのが困難かなと思いますが、その動向も皮肉な事に個々人の選択と判断なのかなと思います。