新着Pick
46Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リアルは必ず必要。
でもこれからはリアルだからアナログでいいということではなく、融合した形になっていくのは必須。
それぞれの得意技を活かしながらよりお客様がお買い物しやすい、したくなる「仕組み」を行くっていくか。
ますますマーケティングが重要に。

DXは顧客体験の進化のためにあるという原理原則。

それを実現するためにも投資体力がものをいう。選択と集中で必要なものを選び出しながら判断をしていくタフな生命力がますます必要になる。
大型店の戦略と地域密着小型店でも違ってくるゆえに、市場を見る力もさらに重要。  大変だけど面白いのも小売業。世の中の動きとともに柔軟に。
テクノロジーはあくまでも過去のデータから最適値を見つけ出す、言わば及第点の策を見出すツールだと、私は認識しています。人間の能力はもっと凄いんだぞ!という期待を込めて。

私たち人間は、つぶさに取得できる様々なデータを、そのまま受け取らず、深層にある何かを探ろうとする執念と、変態的な妄想力が重要だと思います。
今まで「アナログ」の代表と思われてきた小売と、その市場を奪うとされたECが融合する世界はワクワクします。どっちが良い悪いはなく、各々で培ったノウハウが融合することは、我々消費者にとっても新たな気づきにつながる購買体験になるはずです。記事内にもあった、
「来店客がどの商品に頻繁に手を伸ばしたかなど商品棚の情報も自動で収集し「ヒートマップ」で可視化できる。」も、元々はオンラインのノウハウですよね。データ分析が難しいとされた、小売がより進化してくるのは楽しみです。それにしても本当に良い記事でした。
小売業界での世界でのDXは非常にわかりやすいですし、効果が見込みやすいですね。

こちらに書かれているのはデジタル広告(デジタルマーケティング)の領域のことが書かれていますが、結局顧客体験を変えていること自体が売り上げ増へ繋げられる良い事例だと思います。

記事にも書いてありますが、今後こういったデジタルマーケティングにおいては、個人情報の取り扱いが要注意事項ですね。基本は個人データを個人を特定できるデータは破棄し、個人をできないデータに加工して活用しているかどうかだと思います。
僕は、OKストアの買い物カートって最強の単価upソリューションだと思ってる。デジタルソリューションじゃない。その理由がわかる人とは、仲良くなれそう。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
4.44 兆円

業績

イオン株式会社(英語: AEON Co., Ltd.)は、千葉県千葉市美浜区中瀬(幕張新都心)に本社を置く、日本国内外300余の企業で構成される大手流通グループ「イオングループ」を統括する純粋持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界11カ国に事業展開しており、売上総収入約8兆円規模の小売業世界第12位、日本第1位の業界首位となる。災害対策基本法における指定公共機関に指定されている。 ウィキペディア
時価総額
2.60 兆円

業績