新着Pick
177Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
健康経営に取組む数多くの企業で調査しましたが、睡眠に関して悩みがある割合はどこも不思議と約50%でした。

睡眠の悩みの有無と発揮パフォーマンスにおいての繋がりが不明瞭だったことが特徴です(高パフォーマンス者=悩み無しかというとそういうわけでもない)

むしろパフォーマンス高い人に睡眠の悩みを抱えている人が多く、確かにこれまであってきた起業家やアスリートはその傾向が高かったです。

おそらくずっと仕事や競技のことを考えてしまうことで眠れなくなるのだと思います。
そのように積極的な原因ならまだよいですが、ネガティブな対人関係などにより眠れなくなるということでしたら早々に手を打つ必要があります。

眠れない人が相談できる相手が企業にいるとよいですね。
どこの国のビジネスパーソンにもストレスを感じているはずですが、日本人はストレス耐性というよりも真面目な国民性が起因して、“受け流すことを理解する文化”が欠落しているんだと感じます。(受け流す≒サボっていると捉えられがち)
やらされるではなく、自律して主体的な生活ができ、ストレスが軽減されるとよく眠れる気がします。テレワークになって、しっかり眠れるようになりました
ストレスがまず要因。だからこそ発散する方法を何か会得しておきたいし、寝る前にスマホを見ない。
コーヒーはお昼前後に一杯。時に リズムが崩れる出来事があるかもしれないけど、基本の型を作っておきたいよね。
寝酒カルチャーは確かに。40も過ぎたからか、もしくは家飲みばかりだから分かりませんが最近は飲むととても眠くなるので、夜やることがあるときは飲みたくても飲まないように気をつけております。。
自分が働きたいと思える職場環境にしていけると、不眠の原因の一つであるストレスを減らせるかもしれません。動いてみると案外簡単に環境を変えられることがあります。前向きなことであれば周りを気にせず、どんどん変えていきましょう。
関連記事一覧
日本人の平均睡眠時間は「世界最短」 ショートスリーパーの割合も最多に
ITmedia ビジネスオンライン
252Picks

平均賃金は韓国以下…「貧しい国」になった日本が生き残るための“新常識”
文春オンライン
240Picks

外国人に聞く、日本で働いて「よかったこと」「がっかりだったこと」
ITmedia ビジネスオンライン
117Picks

日本の「東大王」型エリートが、なぜか海外では通用しない本当の理由 - 英国の名門校が重視する「知力」とは
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
93Picks

「45歳定年」も話題終身雇用が「日本人の働き方」を貧しくしている可能性について
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
28Picks

ビジネスパーソンのためのDX入門講座エッセンス版
www.slideshare.net
20Picks

平均賃金は韓国以下…「貧しい国」になった日本が生き残るための“新常識” 2021年の論点100 - 加谷 珪一 - 文春オンライン
BLOGOS - 最新記事
17Picks

デジタルデバイド解消のために日本は何をすべきか ポストコロナのIT・未来予想図(第14回)
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
13Picks

海外から見えてきた、日本がコロナから学ぶべきこと
Forbes JAPAN
7Picks

辻愛沙子さんが考える令和のビジネスパーソンが学ぶべきこと
bizble(ビズブル)
7Picks