新着Pick
3091Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
メラビアンの法則で、第一印象は視覚55%、聴覚38%、言語7%で決まると言われるように、視覚が半分以上コントロールしています。だからこそ、効果的な資料作りは、場を制する最大の武器ですね。

ブランド企業の場合は、フォントタイプ、カラー、使用する白い紙の色(青白い白か黄なり系か)まで詳細に指定することで、ブランドのトンマナを徹底しています。例えば、100人以上の参加者の場合は、フォントの最小サイズまで指定するなど。

記事では触れていませんが、絵や写真などを上手く取り入れるのも、効果的なプレゼン資料作りに役立ちますね。効果的な資料、深いです。
文字組みで情報の伝わり方が変わる、ということがよくわかりました。本文に大きな文字を使っている人がいますが、その内容は伝わってきません。伝えるということを前提に、全体のバランスを考えて文字を使うことが大切ですね。

それと漢字がやたら多いと堅苦しい感じになります。ひらがなと漢字のバランスも大切です。
自身の考えを相手に伝える言葉は、文字化して更に表現力が増すことを改めて認識したい。「文字組み」の視点は、手書きすることが稀有になった現代において、改めて重要だと認識させられる。特に、"資料が一人歩きする時の状態"を如何にイメージできるか…大事な視点ですよね。伝えたいことをシンプルに記述することを意識したいのに、最近のドキュメント作成アプリは、機能過多のため、アレもコレも使わなれば…という意識に捉われていないか注意したい。アプリもUI・UXがシンプルで分かり易いものが結局は求められていると思う…。
与信管理情報紙(「帝国ニュース」)の編集で、日々頭を悩ませている「文字組み」。ビギナーではありませんが、参考になりました!
手動の箇条書きなるほど。欲を言えばこういう勉強シリーズは、ネトフリでビンジウォッチングできるみたいに一気公開してほしいですthx. mm
今回も分かり易かったですし、すぐ使えるテクニックが満載。
行間の変更や揃えは基本ですが、一気に見栄えが変わるもの。
文字数についても極力少なくシンプルにせねばと改めて感じました。
ここに書かれていることが「絶対」でも「必須」でもないですが「基本」ではあると思います。

この「基本」から、どのようにTPOに合わせるかが鍵ですよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
メモ
パワーポイントのガイド
この連載について
ビジネス資料に必須の要素は「わかりやすさ」です。どんなに美しく、クールな見た目でも、わかりにくい資料に価値はありません。そして、わかりやすい資料のデザインに必要なのは、「センス」じゃなくて「ロジック」です。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン