新着Pick
325Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
終わる・終わらないはさておき、医学的な誤算で延長に至るのは仕方ないにせよ、短期決戦・最後の戦い・堪えどころetc、政治家の方々におかれては言葉が商売道具かと思いますので、もう少し商売道具を大切に使われた方が無難ではないかと思います。未だに「気の緩み」という言葉は流石にもう使えないと思います。
国民の心理を考えると、先ず(願望を込めて…?)短めに期間設定して、次々に延長していく現行の緊急事態宣言のスタイルは、延長の都度当初の目処と比較した「がっかり感」を繰り返す点で愚策だ。加えて「甘い予想」は政策の効果に対する信頼感を損なう。はじめに長めの期間設定をして、可能なら繰り上げ終了する方が「嬉しい変化」なので受け入れやすい。また、予想と計画の観点からも、最初から現実的な期間を設定すべきだ。
緊急事態宣言で大きく影響される飲食店や百貨店、イベントやエンタメ業界などの関係者にとって緊急宣言の延長はとても苦しいと思いますし、長く感じていると思いますけれども、他の人々にとって緊急事態宣言の延長はそれほど重大に思っていなくなった気がします。週末などの人出を見てもそう思いますしね。そのギャップが悲しいというか、とにかく感染者数を減らす、また1日でも早く全国民のワクチン接種を目指すということしか答えがないですかね。
宣言期間中に底打ち反転してしまうものの、宣言をそのまま延期すると宣言という措置自体が無効化してしまうため、一旦まん延防止等重点措置に移行して時短要請などを継続せざるを得ない、というのが最も微妙なシナリオかもしれない。

というのも、前回の緊急事態宣言の際は解除(3/21)前の時点で、東京は既に底打ち反転という状況だった。ワクチン接種は日毎にこなせる量に限界があるため、次に波が来ても追いつけない可能性もかなり高い。同じことの繰り返しにならないようにするために感染防止対策と経済対策をどう打ち出すかが重要。
ワクチン接種を急ぐことが最優先事項、ということは誰もが承知していること。オリンピック前までに全国民接種完了にもっていく施策を実行すべきではなかったのでしょうか。今からでも遅くはありません。
Yahooニュースで上がってましたが、

>岡山県で確認された新型コロナ患者の死者はこれまで95人(5月25日現在)、その半数以上の51人が5月に入ってから亡くなっています。

とのこと。

亡くなった方々の年齢層は分かりませんが、これまで耐えてきた岡山で急に死者が急増したのは、やっぱり怖い話。

警戒レベルを落としてはダメですね…。
終わらなかったら、仮に五輪やるとしても無観客になるでしょう。
飲食業だと緊急事態宣言は解除でもまん防で時短要請は続くのでは?という前提でも計画立てる事が多いです。長期借入金は大幅に増えた中、中期的に財務面をどうしていくのか。本当にコロナは長期戦です。
コロナ脳以外の国民の間ではとっくに終わってる話。朝のラッシュも昼ごはんの行列も夜の飲み屋も知らない人は知らないだろうけどそこそこ元通りになっている。 政府も所詮建前の宣言でしかない。宣言中なのはモーニングショーだけじゃないの?
1. 沖縄では全く効果出てない

2. ワクチン接種も7日平均で一日30万回とまだまだ低調。
この速度だと高齢者だけで年末までかかる
https://twitter.com/43221CJV0IsQFmA/status/1399275200139587585
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。