新着Pick
1110Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
チャンスをモノにして、信頼と人脈を構築していくのが継続していく最大のカギだなと思います。
こういうのを自分でやり繰りしてより結果が見えるのがフリーランスとして面白かったりする一面でもある気がします。
人気 Picker
プロピッカー新書、2回目は「案件獲得」の仕方を詳しく解説してみました。
一つ目は、既存の仕事相手、取引先から頼まれるためには。
二つ目は、4種のマッチングサービスの違いとメリットデメリット。
三つ目は、学生時代や子育てなど、コミュニティの中で存在感を発揮していくパターン。
何かしら参考になれば幸いです!

前回も思ったけど、私の拙い講演資料の図解が、NewsPicks流に洗練されたグラフィックになってるの地味に嬉しい。ふふふ。
「小さなものでも実績を積み上げること」「新しい領域に足を踏み入れること」「発信すること」この3つが個人的には重要と思っています。発信することが大切なのは、以下の3つの観点があります。①自分を見つけてもらいプロジェクトに声を掛けてもらう可能性を高める②自分の市場価値を認識する③新たな視点(フィードバック)をもらえる。
副業・フリーランスといっても、最初に直面する壁は「案件の獲得」ではないでしょうか。発注してくれる人を見つけなければ、個人で仕事をすることはできません。その意味では今回の内容は、極めて実践的。一見遠回りにも見えますが、「身近な人からの信頼を着実に積み重ねる」ことが最も有効だと気付かされます。
コンサルタントって煎じ詰めるとフリーランスの集合体
特に少人数ファームであるほど個人事業主の集合体、という側面があります
よくされる質問の一つは、どうやって案件を取るんですか?ということですが、まさに記事の1つ目にあるように「既存の人脈をいかす」というのが一番になります
ただ、重要なのは「人脈」という言葉で、単に名刺を持ってる、SNSで繋がっているだけではだめで、能力や人となりを深く理解してくれている、という条件がつきます
特に明確な成果物ではなく無形サービスを売る場合は正直玉石混交なので、仮に途中うまく行かないことがあってもこの人ならごまかさずにやってくれそう、という信頼は重要で、だからこそ一緒に仕事をした経験がある人や、そういう人からの紹介というのがとても重要になります
フリーランスの方と働くことは多い方だと思います。
責任感、自分の仕事への誇り、自分がやることとやらないことの線引きの明確さ、など多くのことを優秀なフリーランスの方から学びました。
世間的には「無名」でも、いなくなったら困る人がたくさんいます。
そして、その多くはSNSなどで名前を出していなかったりします。
監査法人を辞めてから、事業会社の取締役をやっていた期間を除けば、結果的にフリーランスでやって来ました。
結果的に…というのは、明確にフリーランスで生計を立てよう!と目標を立てた訳ではなかったという意味です。

良くやってこれたよね…と我ながら思います。
異業種交流会どころか、同業種交流会すら行ったことがないですし、知らない人と話しをするのはあまり得意ではないです。

けれども、数少ない出会いや人の縁は大切にしています。
ネットワークは、量より質だと思います。

記事にありますが、

等身大の自分の価値を理解してくれる人をいかに増やすか、実際に仕事をした人との信頼をいかに積み重ねていくか

これとても大事です、というか、これが全てかも。

長い付き合いである某一部上場企業の創業者と二代目の方は、私が朝が弱いことも理解して付き合って頂けているので、とても助かっています。

ということで、中々知り合いが増えない私ですが、NPだけは例外で、沢山お友達出来ました!有り難や〜(^^)
現在、最終テストに入っているEvering→指輪型決済ツールでは、お手伝い頂けるメンバーを、NP友達に依頼しました。
皆さん、ありがとうございます!
仕事獲得のうえで「有名になる」必要はない、とはまさに!仕事が途切れないフリーランスさんは、ひとつひとつの仕事の実績を確実に積み上げて信頼を獲得しているから、次の仕事に自然とつながる。
与えられたジョブについて、時間を守ることが信頼・信用を築く鍵になります。

ついでジョブ品質。そこに心が込められているかどうか。その気持ちは伝わり、信頼につながります。
会社員時代の給料にもよりますが、週一回8時間×5日間で5社の業務委託が取れれば。普通の会社員給料は抜けるのではないでしょうか。
ただ、一年目はなんとかなっても2年目はその仕事の中身が問われます。その5社が継続するのか、もっと増えるのか、5社のうちの一社がもっと増やして欲しいというのか。
働きながら考えなければならないので当然大変ですが、それを楽しいと思えないなら会社員のままでいた方が良いでしょう
新しい雇用と働き方の今後について知識と情報を得たのは昨年NPの関連記事と出会ってから、同時進行で勤務先においても解禁となり、まずはやってみようから始めました。

スポットコンサルを今もしていますが、やはり依頼先企業からの新商品の開発案件、新規事業のご相談についてはかなりプロフェッショナルな内容となりますが、何よりもありがたいのは自身のアイデアや提案が推進された時。オンラインでの一期一会が、継続的なご相談へと繋がり、自身のキャリアブランディングにもなり、何よりも異業種、異なる産業へ貢献している実感です。

同時に勤務先への寛容さと理解にも敬意を払い、今後ますます個人の知見と経験がチャレンジ出来る環境の構築と、何よりも毎日実は無駄などないという事をたくさんの方に実感してもらいたいですね。
この連載について
教養を身につけたいけども、忙しすぎて学ぶ時間が取れない。一方で、日々のニュースだけでは、体系的な知識を得られない──。そんなビジネスパーソンに向けて、NewsPicks編集部が月ごとにテーマを設定し、専門家による解説記事をお届けする。週末のひとときで、手軽に「新書一冊分の知識」を体得してほしい。