新着Pick
28Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
フランス国内では、LFIのジャンリュック・メロンション氏がマクロン大統領との認識の共有を表明し、RNのマリーヌ・ルペン氏は正反対の反応を示した。ともあれ、当時の虐殺の関係者とされる者が、今もフランスに留まっており、その者たちへの扱いが注目される、
マクロン氏の演説には注目が集まっていたよう。ただ「マクロン氏の演説には、公式な謝罪の言葉はなかった」そうで「前任の大統領らよりはさらに踏み込んだ形」とのAFP評