新着Pick
8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コメント転載

韓国の宇宙開発は隣国の日本、中国、そして北朝鮮に対しても遅れていましたが、近年になって徐々に加速してきています。

まずは日本の話をしましょう。JAXAの打ち上げロケットは2系統あります。ISASの全固体ロケットは一貫して純国産で、日本初の人工衛星おおすみを打ち上げたのもこの系統。現在はイプシロンに引き継がれています。とはいえ(なぜか)全固体という縛りを自らかけているため大型化には不向き。

もう一系統がNASDAの方で、こちらはアメリカからデルタロケットの第一段を買ってきて、自前開発の第二段を足したN-I, N-II, H-Iロケットから始まります。難易度の高い部分は買ってくる一方、第二段で自国技術を培いながら結果を出すという戦略。それが初の国産ロケットH-II、続いてH-IIa/b、H-3に続きます。

韓国もこのNASDAスタイルを採用しています。2009年より、ロシアから買ってきた第一段に自前の第二段を足した羅老(ナロ)ロケットを開発。最初の2回は失敗でしたが、2013年に3回目で成功。これが韓国初の衛星打ち上げです。そして今年に第一段から独自開発のヌリロケットを打ち上げ予定です。

堀江さんがよく日本は地理的にロケット打ち上げに適していると言っていますが、それは東と南に大きく海がひらけているから。北海道から沖縄まで、太平洋沿いの僻地ならだいたいどこからでもロケットを打てます。

一方、韓国は地理的にロケット打ち上げが非常に困難。なぜなら東と南を日本列島にブロックされているからです。国際ルールなんて気にしない北朝鮮は日本上空をぶっ放しましたが、もちろん韓国はそんなことはできないので、東シナ海からフィリピン海に出るようにグニャっと曲がった飛行ルートを取る必要があり、技術的難易度も上がるしペイロードも落ちます。

種子島や内之浦や大樹町を使わせてあげればいいのになと思いますし、宇宙で協力して日韓関係の改善になればとも思うのですが、現状ではそうはいかないのでしょうか。。。
日本も戦後は米国によりミサイルの開発が禁止されていた。その条約?にひっかかるということでロケットの開発も制約を受けていたと認識している。糸川博士の有名なペンシルロケットの水平発射も、垂直にではなく水平に発射した理由の一つがこの条約が関係していたはず。