新着Pick
153Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
教育サービス業界が2位。どういうことかと思ったら、DX人材が足りないんですね。たしかにこれまでなかなか動かなかったけど、コロナで一気に進みそう。
パラダイムシフトを体感したい人にとって、イマ狙い目の業界かも。
人材エージェントとして採用支援をしていて、人材市場の需要と供給の現状をみてきています。私が関わるのはIT業界と限定されているのですが、採用がうまく出来ない企業は単純に「採用要件が人材市場の相場と合っていない」に尽きる気がします。
給与が市場より低すぎる、提示する働き方が同業他社よりも魅力的でない、採用要件を盛り込みすぎていてなかなかそんな人材がいない等々

現実を直視した上で、採用要件やオファー内容(給与や働き方などの諸条件)を見直せる柔軟性がある組織が生き残っていくのではないかと採用支援現場ではいつも感じています。
どこかでも言いましたけど「正社員」って何なんでしょうね。正しい社員。「正社員」以外は正しくない?「名は概念を表す」と考えると、もうこれからの時代にはフィットしないような気がします。
オンラインに精通した人材が特に不足とのこと。社員という形態にとらわれず、フリーランスや副業人材もふくめて幅広く人材登用を検討する必要があるのではないでしょうか。
これは興味深いデータ。以前、メンテナンスなどの人材不足に対応するためのギグワーカーのマッチングなど検討したことがありましたが、ここで言う正社員不足ってどんなスキルセットが必要とされているのでしょう。
いろんな想像が出来て、考えごたえある
従業員が不足していると回答しているのが37.2%。やはりかなり人手不足の感じはあるものの、マッチングが上手く言っていないのか、人材に投資できない状況があるのか。ただ、2019年に比べ正社員が不足と感じている企業は減っているようです。
リストラもしてる企業もある中、要するに、企業内ミスマッチや5年ルールの適用不足ってことかと思われましたがどうなんでしょう?
リスキリングが必要かと思われますが、従業員の方に新しいことを学ぶ姿勢に欠けてしまうのは、それまでの企業内での働かせ方、風土によるものですし。なかなか難しいですね。
雇用したい人材と市場の人材のミスマッチが起きているのですかね?
株式会社帝国データバンク(ていこくデータバンク、英語: Teikoku Databank, Ltd.、略称: TDB)は、企業を専門対象とする日本国内最大手の信用調査会社である。 ウィキペディア

業績