新着Pick
744Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
パームオイルは、熱帯雨林を破壊するなどの理由で、欧米の環境NGOに激しく標的とされてきました。
 これはグリーンピースが流し続けてきた、「パームオイル畑をつくるために故郷の熱帯雨林を奪われたオランウータン」のアニメです。
https://www.youtube.com/watch?v=TQQXstNh45g
 日本では、NGOがテレビCMを流し続けて法律を変えるというような影響力も資金もありません。しかし、米国やEUでは、PRもロビイングの能力も、主な環境NGOだけ見ても、日本の大企業などよりはるかに強大です。
 パームオイルはインドネシアとマレーシアの主要輸出産品で、食用油や洗剤などの原料です。花王やライオンも環境NGOの標的になっています。
 インドネシアとマレーシアのパームオイル畑は広大で(タイやインド、フィリピンにもあります)、トレーサビリティといっても大変な作業が必要になります。東南アジア研究業界でも、パームオイル研究にかなりの資金が提供されている所以です。
 しかし、米国やEUではパームオイル自体を法的に禁止するようになっています。このことは、インドネシアやマレーシアでは大きな政治課題になっています。パームオイルは、中国が圧倒的に主要な買い手になりました。インドネシアやマレーシアが中国との外交関係を重視する大きな外交要因にもなっています。
ESGやSDGsに企業が真剣に取り組むには、記事にあるような途方もない労力が必要です。

実は、ザボディショップ でもSDGsの明確な目標を掲げており、b-Corp も取得しています。ビジネスを進めるにあたり非常に厳しいプロセスがあり、例えば店舗内装で使用する木材はFSC認証(森林が激減しないよう適切に管理され伐採された木材)であることなど。簡単に進められる小さな事でも非常に時間がかかるプロセスを踏むわけで、同時にコストの効率化も当然求められます。

大変な作業ですが、それでもESGやSDGsに対するコミットメントは、明るい未来へ繋がるために必要な事であり、企業がますます求められる事だと信じています。
今回の取材の中で、先進事例として最もよく名前があがったのが不二製油でした。背景には、事業に欠かせないパーム油とカカオ豆が児童労働、環境破壊リスクの高い原料なだけに、早くからESGに取り組まざるを得ない事情があります。

不二製油という企業名はあまり知られていませんが、業務用チョコレートでは世界3位。ネスレなどの欧州企業を取引先に抱えるため、人権を軽視するとビジネスが続けられません。グローバルで揉まれている企業は早く動き出す一方で、ドメスティック企業は必要に迫られにくいために、より周回遅れになっていくでしょう。
パーム油はチョコレートに限らず、さまざまな食品、日用品や化粧品に使われています。都市で普通に生活していたら、パーム油と無縁で過ごす日などないと言っても過言でないほど。

パーム油の80%以上はインドネシア・マレーシアで生産されており、パームプランテーションによる熱帯林破壊が長年問題視されてきました。熱帯林は生物多様性が最も高い生態系の一つであり、CO2吸収量も膨大です。
環境問題だけでなく、児童労働や低賃金労働、さらにはそこに住む先住民族の土地の奪取など、人権侵害も指摘されてきました。

これに対し、国際NGOが中心となって、持続可能なパーム油認証の制度(RSPO)を作るなど取組が進められて来ました。不二製油もRSPOに加入しています。
ただ、記事にもある通り、現場の問題は極めて複雑で、「ただやめればいい」という単純なものではありません。
現地住民の置かれている経済状況、農業慣行、政治など土着の要素を踏まえたガバナンスが必要であり、そこに企業の果たす役割と責任は多大と思います。
INVESTORSの番組でも取り上げられていましたね。
パーム油は森林伐採につながることも多く社会問題化しています。
児童労働もアパレルだけではなくカカオなどの人手が必要となる産業でよく見られるますが摘発や対応が難しい問題です。
同社の様に早い段階から取り組んできたからこそ差別化が図れて企業の強みになっているわかりやすい事例ですね。

チョコレートの分野では他にも途上国でブランドを作る試みをされているアパレルのMOTHERHOUSEの取り組みもESGをチャンスに変えてる例だと思います。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/prtimes.jp/main/html/rd/amp/p/000000086.000016177.html%3Fusqp%3Dmq331AQFKAGwASA%253D
不二製油の取り組みは非常に気になっており、トップにESGの視点から切り込んだ示唆に富むインタビューでした。最終生産物の企業の取り組みはしばしば目立ちますが、サプライチェーンのコアとも言える原料の企業で、特に日本企業についてこのように情報が開示されている事例は貴重だと思われます。

チョコレートについては、1年ほど前に当時NewsPicksに在籍していた私と、デザイナーのすなださんで執筆した下記の記事もあわせてご参照頂くと、理解が一段と深まると思います。下記の記事は、Dari Kの吉野社長への取材をベースに、NewsPicks独自のリサーチをいれて作成しました。こちらでも不二製油は事例として取り上げています。

「【教養】そのチョコをかじる時、裏側の「真実」を学ぼう」
https://newspicks.com/news/5068664

Dari K
https://www.dari-k.com/
不二製油は、隠れたガリバー企業。下記ページの売上高構成比への注釈が分かりやすいが、業務用チョコレートや植物性油脂(チョコレート用油脂)で世界トップ3に入る。
また、大豆の研究をずっとやっていて、大豆ミートでもトップシェア。Beyond Meatなどほどブランディングをしていない印象だが、研究蓄積は長く個人的にはとても頑張ってほしい会社!
https://www.fujioilholdings.com/ir/individual/3minutes/
不二製油は、個人的には非常に思い入れがある。社会人になって株式投資をしようと思った時に、何かで身近なもので気に入ったものがあったら応援込みで買ってみようという記事を読み、地方プロジェクト時に食べたコンビニスイーツでダントツに美味しかった「神戸シェフクラブ」を保有していた不二製油の株を買った。

株主優待で色んなものが届くのが楽しみだったが、10年近く保有して株価は見事に1000円前後に張り付いたまま。日本を離れるときに売ったら、売った後に4000円くらいまで株価が跳ね上がった。いま見たら、昨年「神戸シェフクラブ」のトーラクは丸大に売却したらしい。いまやESG優良企業となっていたとは。
近年、謎肉含んだ大豆ミートで一気に注目を集めている不二製油
世界シェア3位の業務用チョコレートでのトレーサビリティの取り組みについてのインタビューで、先見の明と徹底した取り組みを行ってきたことが分かるすごい内容
まずは一次製油→搾油所→農場と遡ってルートを調査するところからスタートで、その上で常に状況をチェックするメカニズムを埋め込まないといけないことを考えると、ビジネスを根底から崩しかねない途方も無いコスト要因で、きっと社内でも「そこまでやる必要はあるのか」という声も大きかったと思いますが、そこでリーダーシップを発揮できる人がいるのかどうかが分かれ目で、だからこそのC''ESG"O設置なんでしょうね
2018年にアメリカのチョコレート大手の大型買収をしてますが、デューデリのときに、この観点でどのくらいやったのか、買収後に自社と同じトレーサビリティの仕組みをどのように入れ込もうと計画したのか、その際のコストアップをどうはじいて買収価格に反映させたのか否かなど、聞きたいことはいっぱいありますね
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37941810Z11C18A1LKA000/
サプライチェーン全体、特に川上領域へのトレーサビリティについて、日本ではなかなかその重要性が認知されていなかったと思います。
今回のユニクロの、中国の新疆ウイグル自治区産綿花の問題で、意識が高まっていくのではないかと思っています。

最近、日本と海外で、「なぜSDGsについての意識が違う(日本の意識が低い)のか」を考えており、最近見たデータで
*****
「あなたにとって、気候変動対策はどのようなものですか」という問いに対して「多くの場合、生活の質を高めるものである」と回答したのは,世界平均66%に対して日本では17%
「多くの場合、生活の質を脅かすものである」と回答したのは、世界平均27%に対して日本は60%
というのを知りました。(2015年時点)
*****
本記事にもあるように
・消費者の意識差
・世界一平和で、島国でもある日本では、児童労働や深刻な環境破壊などを感覚的にイメージしにくい
あたりは、影響が大きいんだろうな、と思っています。

z世代の意識は変わっていますし、今回のコロナでグローバルで世界を捉える重要性が認識されたと思いますので、日本でも重要性が増していくと思っています。

★IBM Food Trust
https://www.ibm.com/jp-ja/products/food-trust
Premiumを無料で体験
登録・ログイン