新着Pick
977Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
つまり、確実にいえるのは、
中国雲南省の銅鉱山でコウモリのフンから新型コロナウィルスに類似した(96.2%)ウィルス標本が、武漢ウィルス研究所によって、2013年に採取されていた。
というところまでですね。今のところは。96.2%類似していても、新型コロナウィルスそのものとはいえません。

今関心が集中しているのは、
1.武漢ウィルス研究所で、このウィルス標本を人為的に変異させる研究が行われていたのか(その結果新型コロナウィルスができたのか)?
2.研究されていたウィルスが武漢ウィルス研究所から流出したのか?
ということですね。
 流出といっても人為的に市中に放出するといったことはさすがにないでしょう。米国政府の報告書では、2019年11月に、武漢ウィルス研究所のスタッフ3名が入院したことが着目されています。研究所内で感染したスタッフから外部に感染が広がっていったのではないかという仮説ですが、証拠はありません。

新型コロナに類似した標本、7年前に武漢研究所に送付-英紙サンデー・タイムズ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-07-06/QD0MT9DWX2PT01
武漢ウィルス研究所は今回のコロナと遺伝子配列が96.2%同じウィルスをコウモリのフンから2012年頃から採取していた。
とりあえずのファクトはこれ。

3.8%の違いとはいえウィルスの世界では完全別物。問題は
そのウィルスからなんらか変異等が研究所内で起きたのか
あるいはよもやなんらか積極的な企図があって巷間噂の絶えない生化学兵器の研究等による産物なのか
いややはり別物ウィルスが不運にも自然界から発生だけという話か
という、発生源の議論と

一方で流出論として
それがここに疑惑として論じられている「愚か者が外に持ち出した」のか、だとしてそれが悪意か事故か、
いや罹患した研究員により広まったのか

等々、ロジックツリーは多数ありかつ流出論のところはエビデンス採取は物理的に困難でしょうし、中国という国柄で、当事者が積極的に信頼にたるエビデンスを出すつもりが無い中で、米国という敵対国が調査したとて、おそらく結論は出ないのではなかろうか。
今週、WSJの報道によって再び表舞台に戻ってきた”陰謀論”が、武漢ウイルス研究所からの人為的なウイルス流出説です。これが新型コロナの起源ではないか、と注目されています。

SARSによく似た未確認の「RaBtCov/4991」というウイルスと、SARS-CoV-2と似た「RaTG13」というウイルス。

コウモリでみつかったこれらのコロナウイルスは果たしてどうつながり、これが新型コロナの起源なのかどうか。(明日の後編に続きます。)
この記事、私が5月17日にピックした内容(下記)とほぼ同じだ(私はフランス国営テレビで報道で見た):

2013年、中国南西部にあるコウモリが多く生息する炭鉱で、ウイルス感染を起こした3人の労働者が肺疾患で死亡した。そのウイルスは「Bat CoV RaTG13」なるもので、今般の新型コロナウイルスと96%一致するという。武漢の研究所が、その標本の存在を認めたのは、ようやく2020年2月のことであった。しかも、それに関するデータは全く公開されていない。2020年1月のWHOによる調査では、新型コロナウイルスが武漢の研究所から流出した可能性はないということであったが、誰も信じていない。ほんの数日の、しかも常に中国側の監視が貼り付いた調査しか認められなかったからである。
とても興味深いが、この仮説を証明するだけの情報を集めるのは極めて困難だろう。むしろ中国側が武漢発生説をひっくり返すため、他の地域で先にコロナが発生したという話を主張しそうなので、そっちを論駁しないといけなくなるのではないだろうか。
武漢が発生源という報道があったとき、コウモリを食べた人が原因というのがありました。その後の徹底した除染作業などからして、やはりコウモリウィルスを研究していたWIVとの関連を疑ってしまいます。

銅山で働いた人が感染したということですが、それがパンデミックになることはなかった。しかし、ウィルスを誰かがあやまって?・・・・という妄想が膨らみます。
コロナが武漢の研究所から流出したという説。これまでは陰謀論と一蹴されてたけど、ここにきて大手メディアからの報道も増えてきた。米国のコロナが落ち着いて対決態勢が整ってきたから?これに関しては正直何が本当で、何がフェイクか判断が難しすぎる。ただ、もしフェイクなら中国は情報開示をしっかりとして疑惑を晴らす義務がある。そうしないと全世界を敵に回すリスクがある。
検索件数を調査したところ、2019年夏頃から発熱と下痢の検索ワードが増えてたそうです。どちらもコロナウイルスの症状で、前者は季節性インフルエンザの流行時期から重なるところもあり、影響が不鮮明が後者はコロナウイルス特有の症状らしく、夏から流行していた説というのがありました。

もちろんネット情報ですしデマの可能性も十分に考えられますが、一考の余地はあると思います。新たな感染症が起こったとき、最初は案外誰も気付いておらず、加えて第一波はウイルスの力もそれほど強くない場合もあるので見過ごされる、あるいは軽視される、というのは仕方ないのかもしれません。
ということは獣市場ではなく2012年に鉱山の掃除中にコウモリの糞から人に感染し、武漢の研究所に持ち込まれたものが流出した可能性がかなりあります。

一番大事なことは再発の防止ですので、中国に責任を追及しない約束をしたうえで情報提供を求めるのも一つの方法だと思いますが、隠蔽体質で責任回避のため徹底的に証拠隠滅を既に行っているでしょうから、それでももう真実は分からない可能性が高いです。

本来であれば人類全体が被害を被ったので、全て開示して人類が総力をあげて再発防止にとりかかるべきことですが、中国が隠蔽すると国際社会はなすすべがありませんので、二度と起こらないように国際社会の協力なしでできると願うしかありません。
今や全世界で猛威をふるっており、今更原因を原因を解明した所で…とも思ってしまいますが、そこを知りたくなってしまうのは人の性。
中国側の意図的かどうかは置いておいて、確実に言えることが少なくなってきてしまっているのが現状。