新着Pick
465Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
AIにはできない思考
>「社会が変わる前に先手を打つ」というアプローチ

・領域を超えたインプット

・先手を打つ覚悟と勇気

・実行しながら学習する

といった振る舞いが必要だなと感じている。
人気 Picker
考えなくなっている世の中に対して、あえて挑戦的な本を書いて思考をうながす、というのはいいですね。どのくらいの人がその挑戦にのるかは分からないですが。AIと倫理の問題など、絶対的な正解がないので難しいですが、たとえ正しい答えが分からなくても、それについてみんなで考える、というプロセス自体に価値があると思います。そして、そのプロセスではダイバーシティが必須です。
メディアに出てくる記事や意見もひとつの「思考の外部化」。
ただ、いま人気を集めるメディアは、「思考の外部化」というよりも、「共感できる場」として機能するようなものが多いですね。
とても考えさせられる記事。面白い。
AIが合理性を追求すれば、社会の格差が大きくなる。バイアスはつきものだと思うが、作り手のバイアスがどれくらい影響してくるか、特に”社会は何が正しいか”という問いに対してはとてもセンシティブ。以下部分は非常に考えさせられる。
『現時点でそこまでAIに考えさせてしまうと、AIは分野をまたがった分析が苦手なので「ある切り口での理想」を追い求めようとします。となると、それこそ「独占の禁止? なんでそんなことするの?」みたいな話になってしまう。「Googleに独占させたほうが、富の総量が増えるじゃん」と。
これはある意味、真実です。全員で貧しくなるのがいいのか、富を一か所に集中させて、格差はあるけれど全体としてはお金が回っているねという社会がいいのか。「正義」はいったん脇に置いておいて、みんなで少しずつ豊かになりたいという発想も、当然ありうるでしょう。
そのあたりの社会デザインをどうしたいか。そこが定まってないので、AI活用のスタンスもなかなか定まらないのだと思います。』
考えないことは多様性と真逆に行くことかなと思う。
多様性といいつつも、多様な中の誰か特定の意見だけが優遇される社会。
思考停止とAIを絡めてるから議論がごちゃごちゃになってる。
教育がモノを考えさせることから遠ざかっているのは昔からじゃない?
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。