新着Pick
The Wall Street Journal
米アルファベット傘下のグーグルと病院運営大手HCAヘルスケアは、患者情報を利用して医療用のアルゴリズムを共同開発することで合意した。足元ではIT大手が3兆ドル(約327兆円)規模のヘルスケア産業へ参入する動きが相次いでいる。  HC...

この記事は有料会員限定の記事となります。

60Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
原文リリースを読むと、Google Cloud PlatformとGoogle Cloud Healthcare APIのインフラを利用する、と理解できたのですが、アルゴリズムを共同で開発するというとミスリーディングかもしれません(詳細の内容には触れてないのでわかりませんが)。COVID-19の環境下で業界におけるデータの相互利用を促進する役割りをプラットフォーマーがになっていけるといいですね。

https://investor.hcahealthcare.com/news/news-details/2021/HCA-Healthcare-Partners-With-Google-Cloud-to-Accelerate-Digital-Transformation/default.aspx
HCAヘルスケアは、米国テネシー州に本部を置く、営利型として世界最大の米国の病院運営会社で、事業のロケーションは主に米国と英国で、米国20州と英国での一般病院、救急病院、精神病院、リハビリ施設、独立型手術センターなど病院および医療施設の運営を手掛けています。

この企業と、アルファベットが協業を行うことのインパクトは非常に大きく、米国と英国における経営自由度の高い医療制度とあいまって、医療+ITの可能性が広がります。インパクトの大きさから、経済指標(株価等)に与える影響も大きいでしょう。

日本では、営利型の医療施設の開設自体が禁止されているため、医療の産業化がほとんど享受できない環境にあります。現時点でもそうですが、アジア諸国を含む世界の「サービス型医療事業(営利事業)」の可能性から取り残されます。
アマゾンもアップル、マイクロソフトもですがテック企業がこぞってヘルスケアのサービスを本格化してきています。日本は機器のシェアはあるはずが、データ活用ではシェアはなく、携帯電話と同じような逆転現象が起きそうです。日本国内の規制が厳しいのであればシンガポールでも外でサービスを作っていくしかないのでしょう。本来ならここで省益を越える議論が出てきて欲しいのですが
WSJのスクープ。医療の世界にもグーグルのアルゴリズムが。
「われわれが構築するのは多様なシグナルの解釈に役立つ中枢神経」とは、病院運営大手HCAヘルスケアの最高メディカル責任者の言葉。
個人情報の扱いも気になるところですが、「HCAの患者の記録は個人を特定できる情報を抜いてからグーグルと共有する」のだそうです。
Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。 ウィキペディア
時価総額
212 兆円

業績