新着Pick
89Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リアル通貨の売買や運用の規模と比べてもマーケットがまだまだ小さいというのがボラティリティが大きい理由と思います。一民間企業の売買に左右されるレベルの規模でありメジャー通貨ではあり得ないことです。ビットコインを運用資産として考えたとしても、ビットコインの時価総額が1兆ドル規模なのに対して世界の運用資産は100兆ドル超です。
ただボラティリティだけでビットコインの将来性を判断することできないと思います。ディーラーをやっていた頃は、有望な新興国の通貨でも、大きなM&A(外資による地場企業の買収など)が実施される時に噂などが広がり薄いマーケットだと短期的に動くことはよくあります。ビットコインも実需ベースの決済で使われることでマーケットが厚くなりヘッジ手段も広がればいいですね。
ボラティリティが懸念と言いますが、ボラティリティゆえに高い期待値を見込め、そこに投資(投機)資産としての価値を見出す以外、何の価値があるのか今のところ良く分からないというのが実情だと思います。
コロナ相場を象徴し、気候変動問題を内在し、イーロンマスクのボラティリティーの高さと先鋭度も象徴したビットコインの相場。ボラティリティーの高さもビットコインの特徴の一つ。さらに要注目。
5:25現在、ビットコインの価格は対ドルで、2.47%プラスの38,500ドル台で推移しています。
「暗号通貨のボラティリティーはすぐには解消されないだろう」という見方もあるよう。今暫く大きな値動きが続くのかも知れません。
振り回されぬよう…
レンジ相場になってきた。投機的には1番儲かる時期。