新着Pick

親がわが子を受験戦争から撤退させられない理由

東洋経済オンライン
日本の中学受験について描いた漫画『二月の勝者』がドラマ化されることになったが、この漫画の中で、こんなシーンがある。夏休みに頑張って勉強した小学6年生の子どもたちが、休み明けの模試で「以前よりも問題が…
77Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2021年5月現在、シンガポールでは、抑え込んでいたと思われていた新型コロナウイルスの感染が再びじわりと広がっています。市中感染が1日20-30人台となり、19日からシンガポールの学校は基本的にオンライン学習に移行することに。
 シンガポール政府は2020年4月のサーキットブレーカー(CB、ソフトロックダウンのこと)時も、学校を閉めるのは最後の手段という様相でしたが、今回は塾のチューター経由で子どもの感染が確認されたこともあり、苦渋の決断で踏み切ったとみられます。あくまでも休校ではなく、オンライン学習である点には「教育は国にとって非常に重要」という姿勢がにじみ出ているように思います。
 他方でシンガポール政府がとりわけ気を配っているのは教育の中でも「試験」という風にも見える。昨年CBを段階的に解除していった際は、小学校6年生等、試験を受ける最終学年を優先的に登校させています。今回もオンライン学習に入ったタイミングについて「多くの学校で中間考査が終わるのを見計らったのでは」声も。
 シンガポールには、この「試験」を巡って競争が激化してしまうことへの悩みもあります。そして、この悩みは日本の中学受験とも重なる点があるのでは…。連載の第3回です。
子供の先を見すぎて、子供の「今」が見えなくなっているように感じる。親が子供の教育に前のめりになりすぎてしまっているのは危険。親の価値観の押し付けではなく、子どもの価値観を尊重してあげたい