新着Pick
207Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
イスラエル人に質問をすると質問で返ってくることは日常茶飯事だ。

「こちらの質問が曖昧な場合」「こちらが得たい答えが曖昧な場合」など様々であるが、こちらの必要とする回答に最適な回答をしてくれようしているのである。

記事中の上流工程の話も同じで、
「問題の本質は何か」
「問題の真因は何か」
を考えないと、その質問が(彼らにとって)適切でないので、質問で返ってくるのである。彼らとしては、曖昧な回答はしたくない国民性。

訓練でできるようになると思うが、最初は大変である。第一にチームで認識を合わせることに触れていることは、その通り、チームで認識(言葉の定義など、多くのもの)が合わないと、すべてズレてしまう。

業績