新着Pick
68Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
---
1990年代半ばの団体交渉の結果、「本校において賞与は基本給と同様の『生活給』としての位置付けになっていた」と主張する。
---

なるほど。これは今後の展開が気になりますね。
社会的に賛同が得られるかはともかく、この教師達はなかなかのやり手のはず。
もう1つの論点の放漫経営がどう判断されるかも気になります。

あくまで1つの説ですが、教師達の真の目的は放漫経営の是正という可能性があります。
法的に現場の教師は経営に口出しができませんが、自らが不利益を被ったボーナス減額は司法の判断を仰ぐことが可能のため、手段として用いたのかなと思ってしまいました。

私もスポーツ組織で似たような経験があるので。
甲子園、ラグビー、サッカーなど全国でも強豪として知られる桐蔭学園でさえ、これだけ懐事情が厳しいと思っていなかった。少子化により、厳しい私立は相当多いのかもしれない。
この訴訟は、地元横浜でも密かに話題になっていました
Premiumを無料で体験
登録・ログイン