新着Pick
94Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米中摩擦の影響を直接受けているファーウェイは事業転換が急務となっています。

4月に自動運転・EV投資方針を発表しましたが、撤回されたとの報道もでており、迷走している印象です。

同社は研究開発に相当力を入れていましたが、その分多くの研究者を自社で抱えています。ハードの研究者がソフトの研究へと転換するのは無理があるため、これらの人員の処遇をどうするのか悩ましいところだと思います。

通信機器分野で中国を代表する企業にまで育った同社が、今後どのようにソフトウエア事業へと転換していくのかとても興味深いです。
少し前の記事になりますが、ファーウェイの基本事項はこちらなど、NewsPicksオリジナル記事を検索してご覧いただくとよいかと思います。他メディアに先駆けてファーウェイには注目し、オリジナル記事を出してきました。
https://newspicks.com/news/3339682

過去10年分程度の年次報告のデータをまとめてみましたが、ファーウェイにとって伸びている海外市場はEMEA市場でした。中国を除くAPACは伸び率はあまり高くありません。米州市場はそもそも割合が小さく、伸びもありません。(中国国内市場は非常に力強いです)

セグメントでみれば、これから重要になるのは近年の伸び率や、各イベントでの幹部や担当者の発言からみて法人向けのICT事業と思われます。伸び率は低いですが、ネットワーク事業という非常に手堅くキャッシュを生む事業と巨大な中国市場のトップランナーであることベースとして、伸び率の高い事業と外国市場をどう伸ばしていくか。米中貿易摩擦が引き金となって、ファーウェイの新たな戦略がどう展開していくのか。

創業者任氏の「ファーウェイの冬」という有名なスピーチがありますが、まさに今、重要局面を迎えていると言えそうです。