新着Pick
147Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本質的には、端末と通信サービスの分離であり、固定インターネット、固定電話と同じ政策ですね。
私はこれには反対で、桁違いの財力を武器に国境のない舞台であるインターネットで活躍するGAFAMに利を供するだけだからです。
また端末の選択肢をユーザに与えるということは、許認可権を源泉としたコントロールが効かず、私は支持しませんが、ナショナルセキュリティを理由にした特定国端末の締め出し規制の実効性を奪いやしないでしょうか。
すでに通信は安くなったのだから、端末分離の素上づくりとしてグローバルな上位レイヤーサービス事業者の育成が急務かと考えます。
競争環境の整備が進んでますね。
一方で、理論的な環境整備だけでは消費者心理は動かない、特に日本人は時に非合理性を好む民族です。

少なくても大量の広告投下をし続ける限り、既存顧客への囲い込みは一定効果があるでしょう。

携帯電話の乗り換えは余程の不満がない限り選択し難いので、最も高いハードルの部類であると言えます。
SIMロックはなにも日本のキャリアだけが不当にやっている事では無くてアメリカでも英国でも多くの国がやってるまたは、つい最近までやっていましたね。

巨額設備投資産業である事やユーザの初期端末コストを下げるためとの事で一定程度分からなくもなかったが十分に収益回収が終わったわけだし端末価格も下がったし、という事でそれが世界中から無くなりつつある、いい加減に日本もという事。

一方で過去多くの産業で日本はそうだったように無策に自由化を進めると、通信も端末もその上のプラットフォーマーポジションも個々のアプリもと、全てが財力・体力勝負となり米中ビッグテックに益々与する結果ともなりうるので、そこは国内経済振興、データ安保政策らも総合的に勘案して狡猾なまでに戦略的に進めて頂きたいと思います。
1. 通信インフラと端末サービスとの上下分離をしてはどうか。
2. 光熱費の高さも問題ではないか。
世界ではSIMフリーが一般的なのに、日本は未だにSIMロックを原則禁止にする、といった議論をしていることが驚き。
民主主義の本質を考えると、SIMの切り替えコストは最小限にするのが本来あるべきすがただと思います。各キャリアは狙うターゲットを明確にしながら料金設定を行いつつも、料金の戦いだけでは各社の殴り合い状態が続いていくと思うので付加価値サービスでいかに差別化できるかがポイントになりますね。

---
また、SIMカードを差し替えなくてもオンラインで契約者情報を書き換えられる「eSIM」の今夏導入も求めた。
論点ずれるけどカメラのシャッター音もなんとかしてほしい
なんとかしてくれるまで日本でスマホは買わないと決めています
異なるキャリアで使いやすくなるけど、大多数の人にはそれ程メリット無くて、特に何も変わらないと思う。

MNOから離れる人がいても、大勢に影響ないでしょう。
MNOの料金も悪くないですし。
SIMロック禁止は、一般の人には理解しにくい。使う必要がないから。
本質は、記者が締めた 大容量帯の低廉化と5G向けサービスの充実を両立させる施策が求められる。につきますよね。普通は、サービスが向上して価格が下がるのが普通だと思うのですが。
論点をSIMロックに持ってきてるのがミソ

囲い込み方法は他にもたくさんある