新着Pick
89Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
sacrificeと言う言葉に過剰に反応している人多いようですが、文脈からしてもこの部分は、「IOCなど開催する側」が通常の業務や責任範囲を超えて犠牲的精神で実現に向けた努力が必要な局面(そこまで強くすらないかもだけどあえて語彙や方向性を明確にすれば)だと言う意味で、開催国の国民を犠牲にしてもと言うことではないですね。そもそもこんなスーパーポリティックスの極致を生き抜いてきた人が、そんな単純なセンシティブな言葉遣いのミスを犯すはずもなく…。

とはいえオリンピックを準備している中の人視点では、ここまで準備してきたことを今更無に戻せるかと言うのもよくわかるものの(本当に大変だとは思う)、それは個人事業主や多くの企業や「不要不急」とされている仕事に関わる社会全般に当てはまることで、社会の一部には有無を言わさぬ破滅的な犠牲を強いながら、自分たち(オリンピック主催側)だけは本丸での犠牲は拒絶するという強硬姿勢は、感情的に受け入れがたいものがあるのも現実だと思う。最近その帰りが明確に大きくなりすぎている感覚はある。

今回のsacrificeについても、この社会的な非常事態を乗り切るため既に「生活の糧をあきらめる犠牲」を強いられている社会により一層の犠牲を強いることをを前提に、内部の「目的達成のための犠牲」を臆面もなく発言してしまうことへの怒りが、形を変えて出ているものなんだとも感じます。犠牲と言う言葉の直接的な対象は日本社会ではないけれど、結果的に自分たちの領域だけは死守するという独善的な姿勢自体はより浮き彫りになったという。

僕は個人的に必ずしも中止にすべきとは思わないし、十分な対策と合理的な方針がしっかり示されれば、開催は相応の価値も持ち得るとは考えているのだけれど、聖火リレー然り、市民には集まるなと言っておきながら公園を潰してパブリックビューイング会場を大々的に用意している件然り、とにかく相反する内容を十分な説明も方針の開示もなく、ただ黙って強引に、ブルドーザーのように推し進める姿勢は受け入れられないと強く感じます。ファクトや目的、効果の共有と納得共有への努力がとにかく根本的に足りていない。

いずれにしても、IOCやJOC、政府や東京都の姿勢に賛同するかは別として、言葉尻ベースの曲解はよくない。冷静なファクトベースの議論を(双方に)。
切り抜きで、日本語でなくメディアがつけた翻訳、字幕、酷い時は日本語の音声を被せたものを見て聞いて正しい情報を得ることはやはり難しいですね。1次情報にアクセスすることの重要性を再認識。そして、ある程度の語学力も必要。

少し異なりますが、イチロー選手が会見で日本語を喋り続ける理由が「英語のネイティブではないのでどうしても言いたいことの‘’ニュアンス‘’が変わってしまい、その事で誤解されることを極力避けている」といった主旨の発言をしていたことを思い出しました。通訳も自分の考え、意図を理解して汲んで英語へ翻訳してくれる本当に信頼できる人にお願いしていたとか。
この人が、五輪コミュニティの内と言おうが外と言おうが、開催国なんだから、日本が当事者として犠牲を強いられているのは事実で、実際に五輪を開催し、感染拡大が深刻化した時、IOCとしてどんな対応を考えているのか、一度でも語ったことがあるのか? とんずらだろう。
Sacrificeは、別に「犠牲」って翻訳で間違っていませんよ。「我慢する」程度にsacrificeは使わないなぁ。我慢程度の意味合いでSacrificeって単語を使ったら、「おいおい、ドラマクイーンになるなるなよ」ってツッコミ入れますね。
神々への生贄とかそういう意味も持つ単語ですから。しかし、日本人は「犠牲」と言う単語を聞くと「命の犠牲」と勝手に解釈してしまうかもしれませんが、犠牲は、「命」の犠牲じゃなく使われます。日本語も同じですよね?

勝手に「犠牲」という単語を「命の犠牲」と勘違いした読み手側の問題も多いにあるかもしれません。

例えば、ワクチン接種を嫌がる選手もいますが、大会を実施する事を前提にした場合、安全・安心を基にしなければならない為、選手一個人の心情は犠牲にしてもワクチン接種を義務付けなければならない。そういう意味合いでもsacrificeを使います。

別にオリンピック支持派でもないし、むしろ中止支持派ですが、さすがに今回のバッハさんの揚げ足取りは無理があると思われます。
明らかに「We」はまあそういう意図にも見えたけど、誤解招くのも明らかでしたので不用意。日本が怒るとこはそこじゃないね。そもそもIOCの利権ばかりが強すぎて、ローリスクハイリターンになっているところが(ある意味自明でしたが)明らかになった訳で、「それはおかしいだろ」と叫ぶところかなと。
こういう極端な発言は、そもそも「本当には言ってなくない?」と疑ってかかるようになりました。こういう風に、あとからちゃんと検証的な記事が出るのは良いこと。いくつか、原文や過去のインタビューにあたって検証しているブログも拝見しました。