新着Pick
267Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
話し方、プレゼンテーションの方法、デジタル技術を最大限活用した会議の開催、などなど様々な価値を出す要素はありますが、その中でも聞くことの価値の大切さを感じます。
話すこと発信すること、つまりは外に出すことの訓練は割とありますが、聞くこと、聞き入れること、傾聴すること、そこに共感を示すことなどなど、内に入れる方向の、聞くことについてもスキルが入ります。
特にリモートワークで、顔が見えていないと、まずマルチタスクに気が散り、集中して聞く、内容に聞き入ってしまうほど入り込むことができるかどうか。
上手に聞くことができるスキルは、定量的に測りにくい要素でありますが、どれだけ聞いて自分のスキルに身についたか、どれだけ相手が話しやすい状態にまで、上手に聞き出せたか、この価値も大事にしたいです。リモートワークだからこそ、聞くことのできるスキルに着目したいです。
コーチングは、これからますます重要になるスキルだと痛感します。

コーチング=聴く力は、絶大なる個々の可能性を引き出してくれます。欧米、特にアメリカは、コーチングの活用に関しては先進国であり、コーチングスキルを身につけるトレーニングに比重をおく企業が多いです。コーチング=コミュニケーション力UPであり、上司のスキルアップと部下の可能性も引き出すwin winですね。
ほぼコミュニケーションスキルに見える。
ビジネルスキルの大部分がコミュニケーションスキル。
でも数年でこれらはスキルから単なるリタラシーやマナーというものになる。かつてWindowsやブラウザー、検索と同じような軌跡を辿って。
ただし傾聴スキルだけはスキルとして残るでしょうね。いつのの時代にも普遍的に重要だったのにも関わらず、あまりに出来てない人が多く、コミュニケーションの利便性が発達して行くからこそその重要性が増して来たと言う事を理解してない人が多そうな印象
この記事に書かれていることを、もうひとつ上の階層で理解すると、「アナログとデジタルのどちらでも、しなやかに人に対応できるスキル」と定義できるのではないでしょうか?

AIなどに任せられる仕事は、どんどん自動化されて、残るのは「人にしかできない仕事」になるため、結果的に「さまざまな場面での対人能力」が求められると思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ほぼコミュニケーションの、伝える手段、引き出す手段、伝え方、伝える人、そこらへんのスキル。時代が変われば変わるものと時代が変わっても変わらないものが混ざってる。
関連記事一覧
9割が「仕事に行きたくないと思うことがある」と回答
マイナビニュース
387Picks

上司は「自分でやる仕事・部下にやらせる仕事」をどう見極めるべきなのか
Diamond Online
247Picks

ヒロシが20年続ける習慣。「好きを仕事に」は一冊のノートから始まった
Forbes JAPAN
203Picks

「仕事は見て盗め」は必ずしも間違っていない〜先輩の助言より「やっていること」に注目してみよう〜
Yahoo!ニュース 個人
127Picks

コミュニケーションが生む信頼の価値と仕事のクオリティー向上
PR: 日本コカ・コーラ | AMP
106Picks

ほどほどに仕事ができる人が「実は出世から遠ざかる」のはなぜか - 常識的な提案するだけでは足りない
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
10Picks

モデル思考――誰もが簡単にはできないからこそ価値がある
GLOBIS知見録 最新記事
9Picks

まるで宇宙船操縦気分の49インチ迫力ウルトラワイドディスプレイ。一般的な仕事では長すぎるだけかも
ギズモード・ジャパン
9Picks

管理職「ずっと忙しい」「誰にも仕事が任せられない」 No.2が育たないのは"保身"の気持ちがあるからだ - キャリコネニュース
BLOGOS - 最新記事
6Picks

「自分の価値観よりも他人の価値観」良い人ほど貧しくなる?
ライブドアニュース
4Picks