新着Pick
97Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2020年のIT支出が対前年比で大きく減少したのは、「運輸」「小売」「製造/天然資源」。
コロナの状況下においても、エッセンシャルワーカーとして、事業活動を継続してくださっていた業種です。

これらの業種は、このような状況下でも、変わらぬオペレーションを回すのが優先で、新規のIT投資やデジタル化が難しかった、ということにも思えます。

一方で、教育や政府官公庁/地方自治体など、これまでデジタル化が進んでいなかった業界ではIT投資が増えている点は、コロナによってデジタル化が加速したから、ということでしょうか。

エッセンシャルな業界が、中長期な視点でデジタル化に投資出来ない(現状のまま、大変なオペレーションを回し続ける)というのは、大変な負荷かと思います。
グローバルでは、ワクチン接種が進み、GDP成長率が引き上げられているため、将来に向けた投資などの計画も立てやすくなっているようです。

日本がいつまでもこの状況で、特定の業種に負担をかけ、将来の成長機会を奪うことが無いように、と思います。
この支出はメンテナンスなのか、アプリなど新しい施策なのかで意味は変わるかと思います。単に支出ではなく、顧客体験の向上への投資として売り上げ、利益の増加につながるポジティブなサイクルになって欲しいです
支出なのか投資なのかという点はあるかもしれませんが、コロナ禍でIT支出が減ったというのはちょっと驚き。技術を使って商機を増やしたりするものと思っていました😳
Premiumを無料で体験
登録・ログイン