新着Pick
655Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
僕含め人は周りの空気で育つことが多いので、そういう意味で意識の高い人が多い環境(良い学校)にいるのは、成長の可能性を確実に上げている気はします。
学歴に頼るのは人を見る目への自信のなさの表れだと思います。学歴と能力は相関は当然あるけど、高学歴でもできない人は相当いるし、学歴がなくても突き抜けている人はいます。

見破るベストな方法は、学歴を丁寧に比較することではなく、実際に仕事で直面している課題をぶつけたり、実績を根掘り葉堀り検証することです。

前者は面接者は知りようがないので準備することができず、後者もしつこく聞いていくと実際にどこまで本人が貢献したのかある程度分かるようになります。
学歴が高い人が能力が高いというわけではないけど、学歴が高い人は学歴が低い人よりも学力というわかりやすいところで頑張ってきた人生最初の実績だから無視はできない。
学歴は何の役にも立たないけど学歴を得るために経た経験は何者にも変え難い価値になる。学歴は不要だけど学歴を得るまでは必要。そういうのを判断するのに学歴は有効。学歴じゃないとダメというわけでなくて、何かを頑張った実績があるという証明の一つの形態が学歴

ちなみに私は学歴ロンダリングによって学歴を得た。最少努力で学歴を得る方法が学歴ロンダリングだが、成功するかは卒業できるか次第。学部より入学は容易であるが、これもれっきとした学歴の入手方法。京産→京大
自分の学歴のことは多少気になったので、高卒だったところを20代半ばから大学に通い始めましたが、人の学歴はほぼ気にしないと思います。

結婚する人の学歴にも興味がなかったので、特にそんな話もしなかったのでしょう…蓋を開けたら小学校を中退している人でした🤪
良くも悪くも圧倒的オリジナリティのある思考回路なので、一生飽きないんじゃないかと思っています。
地頭ってやつ。受験勉強という訓練。レポートを書くという訓練をしてるかしてないか。というのは就職してすぐに差がつく要素でもあるので意外と学歴は物差しとしてはかれる一つの尺度。なのでその大学を卒業したかはあまり関係なくて入れたかどうか。が重要。ただしそれも30歳半ばぐらいまでくると、社会人になってどんな事をやってきてどのようなことができるようになったのかというのが重要なのでもうどこの大学出たかは関係無い。
40、50にもなって俺はどこそこの大学出だーと言ってるのは情けないね。

どこの大学なんて関係無いよ!というのは天才肌の人の事でどちらかというとマイノリティのできる人なので世の中の風潮に乗って学歴なんて〜なんてのは真に受けない方が良いね。
はい、高校の偏差値を見るのは人事の中では一般的です。

ちなみにニュアンスが難しいのですねが、「学歴で判断」はあまりしません。参考材料にする、程度です。
「大人になってからスキルを手に入れるのときに、「スキルを手に入れるためのスキル」が必要だと気づくんですよね。参考書を読んで体系的にプログラムを学ぶときとか。」
確かに!その時に受験で熱心に勉強した経験があれば、どうやれば習得できるのか想像もできますね。
目的をもって正しく判断するのであれば、学歴は一つの属性なのでそれを以って判断するのは何ら悪いことではない。自分は違うのでそういう意味では蚊帳の外ですが、有名な進学高校は人脈も作れるし良いことだらけかなと。ハイクラスであればあるほど、そういうところも意識はするかなと思う。あくまでフィルタであり、もちろん個人差有りますが。
人は見たいものしか見ないので、十人十色、見たいものが異なる、ただそれだけのことです。