新着Pick
2588Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
「ぜんぶ、すてれば」を拝読してから密かにファンの中野さん。ミニマリズム、未来を見据える視点、アートや文化への取り組みにとても共鳴します。TVでもお見かけしたけどとてもおしゃれで身のこなしが素敵で、こんな70代になってみたいと思わせる方でした。
人気 Picker
今週から「シンプルに生きる」に関する特集を掲載します。元々、モノや情報が多すぎることの弊害は指摘されていたのですが、コロナ禍での「身の回りを整えたい」欲求、またESG消費の文脈も相まって、ミニマリズム的な生き方にも注目が集まっています。

第1回には、寺田倉庫・元CEOの中野善壽さんに登場いただきました。中野さんといえば、徹底した改革で寺田倉庫を高利益体質の企業に変貌させた立役者ですが、実は「持たない生活」を送っていることでも知られています。

持たないからこそ、生まれる経営スタイルとはどのようなものか。考えるよりも感じることで、多くのものが得られるインタビューです。
「好き」というのは自分の生き方の宣言でもあるわけですよね。他人の評価、人気とか値段に引っ張られがちな私としては結構反省しました。
自分の感性を感じる時間を少し取るくらいの余裕がないと、周りや周囲に振り回され、自分が本当にやりたいことはできないんだと思います。
Twitterの創業者ジャックドーシーも執着をしないことを掲げてますよね。

https://www.lifehacker.jp/2013/10/131031jack_dorsey.html

引用
ジャックが「する」リストに入れている項目の一部はこちら。
今を生きる:過去にも未来にも執着しない
弱味を見せる:自分のミスや恐怖を人に見せると、他人と仲良くなりやすい
レモン水と赤ワインだけを飲む
毎日20回のスクワットを6セット、3マイルのランニング
このリストに関する瞑想
真っ直ぐ立つこと、重いバッグを10分間持つこと
みんなに挨拶をする
7時間睡眠をとる
本題と離れますが、スピングルのシューズをお持ちのようですね。僕も愛用しています。履き心地がとてもいい。広島の府中が本拠とは知りませんでした。いいものは捨てられません。

捨てられないのは人に対する希望、と言い切れるよう、自分を磨かなければと思いました。
かっこいい。ひたすらかっこいい。しかし、そうなりたい自分と、どうしてもそうなれないゲスな自分がいる。でもかっこいい。
やっぱり、この部分が気になります。辞めていった社員は何を思っているのか。

【抜粋】
1000人以上いた従業員を1/14に減らし、売上高を1/7、借入金を1/3にまで縮小させる改革を行った。
エリック・サティが音楽にミニマリズムをとりいれ新しい芸術が生まれた。ミニマリズムは、なにか不思議な力がある。
面白いインタビューでした。私も早起きして朝の時間を創るようにしていることや朝礼朝改には賛成ですが、ここまで自分の気分で生きていく覚悟は発揮できなさそう。
その意味で羨ましく思うと同時に、確かに色々気にしててもしょうがないことが多いので、自分の好きに生きるべきだし、そっちの方が楽だよなと改めて思いました。