新着Pick
64Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スズキは乗用車では60%のシェアをパキスタンで持っていますが、EVバスはつくっていないですね。日野自動車もパキスタンでバスはつくっていますが、EVではないですね。
 パキスタンは、EVの普及を国策にしていて、乗用車からバイク、三輪タクシーまで、EVに転換する方針です。主な背景は、中国の全面的な後押しです。一帯一路の一環で、中国はパキスタンでのEV生産を全面的に支援すると提案しています。パキスタン政府も、EVであれば自動車の国産化が実現できるということで、飛びつきました。中国のEVメーカーのパキスタン進出は、すでにかなり進んでいます。
 実際のところは、素材もモーターも、中国企業がつくるでしょう。電力も中国がつくります。パキスタンでは、2011年から中国がつくった原子力発電所が稼働していて、すでに6基あり、今も複数の原発を建設中です。
 EVバスについては、まず人口1500万の最大都市カラチから路線が整備されていく予定です。
私のいるフィリピンはEVどころかバスの普及も遅れています。いまだに庶民の足はジプニーといわれるトラックを改造した乗り物だからです。
今回の新型コロナウイルスを利用してジプニーからバスに変えようと政府は頑張っています。
日野自動車の小型バスがたくさん入ってきました。
古いジプニーの排気ガスで環境汚染が進んでいるので期待しています。
いつかはEVバスになってほしいですが、まずは普通のバスからですね。
Teslaのスーパーチャージャー(急速充電器)インフラを見ればわかりますが、単なる充電スポットではなく、「顧客データを吸い上げるタッチポイント」として活用しています。

そういった意味では、充電インフラを、インフラ企業に任せることは、タッチポイントの放棄という意味もあるので、それを考えると微妙ですね。

TeslaがOTAを普通にできている理由は、ユーザーに渡して走行している全ての車両のデータを把握できているからです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
社会インフラの構築では日立は非常に優れた技術を持っている。
パキスタンからEV充電網を作っていくが、ある程度の経験ノウハウを持つようになると、やはり中国にも出るだろうと思われます。
日本のバスメーカーの動きは鈍いと感じます。