新着Pick
234Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NPで対談した直後に高橋洋一さんめっちゃバズってて動画の再生回数もうなぎ上りです笑

【髙橋洋一×堀江貴文】日本のコロナは「さざ波」なのか?政府や自治体の対策を内閣官房参与と徹底討論 https://youtu.be/PsOj4l8ZkSY
外出禁止令が出される諸外国と比べれば、日本の緊急事態宣言は緩いものです。

ただ、日本の場合、施設や飲食店等が「要請」に従わなければならない「空気」があります。

この状態は、スッパリ禁止されて補償を受けるよりも遥かに居心地が悪いものです。

自殺、倒産、廃業、心身のストレスなどが増加している状況を斟酌すれば、決して「屁みたい」なものではありません。
ここまで悪意に満ちた、事実とは異なる報道が許されるジャーナリズムって何でしょうね。大手マスゴミは自分達のこうした報道姿勢が日本をダメにしているとは思ってもいないのでしょうかね。社会悪でしかなく、嫌悪感しかない。
数字の扱いに詳しいことを見せびらかす、あざといコメントだ。真の研究者は、数字を立体的に理解する。
コロナ感染者数を単なる統計数値として見て、コロナ感染者数の社会的影響を見ないから、こういう発言になる。

コロナ感染を契機として顕在化した、経済活動や国民生活、ガバメントガバナンスといった広範な領域への悪影響は、残念ながら、それまでの「日本スゴイ」感をぶち壊したので、「さざ波」とはいえない。きっとご自身の生活へは「さざ波」なのだろう。

外国の状況との比較も、社会制度や医療制度が異なることから、比較可能性は、極めて限定的だから、相対的感染率の比較だけでの結論は一面的で、正確とはいえない。
そのことは、ご自身が一番よくご存じだろうから、なおさらコメントは不健全だ。

結果として、この挑発的コメントによって、経済政策の専門家としての位置から、市井の普通のコメンテーターへと転落した。

もっとちゃんとした、分析を示せばよいのにと思った。厳格な学術的批判に曝されない、緊張感のない、テレビやラジオの仕事ばかりするとこういうことになるのだろう(大阪の弁護士にもこの手の人がいる)。
全文を読めば主旨としては間違ってないことを言いつつ、わざと過激な言葉を使ってメディアに切り取られ、こうやって世間をざわつかせるところまで考えてのツイートでしょう。
頭の良い方なので、前回のさざ波発言で味をしめたのではないかと。

自身の主張を効果的に世間に伝えるためなのか、単なる愉快犯なのかは私にはわかりませんが、内閣官房参与の立場でこの振る舞いは良くないと思いますけどね。

追記
さざ波発言のときに首相に謝罪してましたね。。
そもそも謝意などさらさら無い確信犯なのか、シンプルに同じ失敗を繰り返しただけなのか…。
「俺、あいつ嫌いだからなんとしてでも国民全員から嫌われるようにしてやる」みたいな書いた人間の心がマジックミラーで見える記事。
支持。

すでに高橋先生は、日本は相対的にCOVID-19の影響軽微であることをエビデンスで示してますから。それを理解されないよう、断面的にのみニュースを扱うオールドメディアの方が、人格的に問題大だと思います

>オリジナルTwitter投稿「日本の行動制限の弱さ」
https://twitter.com/yoichitakahashi/status/1395725868966694914?s=21
高橋さんの話していることは、ファクトに基づく非常にマトモなものです。
「屁みたい」との表現は適切とは思いませんが、色んな声があるほうが健全な社会だと思います。
「さざ波」に続き注目を集めることになっています。