新着Pick
188Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事より
『日本爬虫類両生類協会の白輪理事長は、ヘビは屋根裏にいる可能性が高いとみて、22日午後から捜索を開始し、午後5時前、アパートの飼われていた部屋の天井裏でニシキヘビを発見、捕獲した。』

さすがだなぁ…。

旭山動物園を有名にしたのは、その動物の生態やそれに伴う能力を、自然に誘発させて観賞者に見せるように工夫した『行動展示』でしたが、警察大量動員して、やみくもに探し回るより、ヘビの生態に詳しい人が推理するほうが、当たるんですねー…
捜索の手伝いをされていた日本爬虫類両生類協会代表理事の白輪剛史さんという方が随分前から蛇は建物内にいると指摘していました。これ警察や消防が専門家の言うことを全然無視してたってことだよね。こういう方を専門家と呼ぶ。42万人死ぬとかデマしか言わない奴は専門家じゃない。

屋外を延べ数百名で捜索して見つからないことを考えると、寒さを凌いでアパートの天井裏、外壁内部に潜んでいる可能性は十分にある。
特に飼い主の部屋付近、階段踊り場天井の天板が剥がれており、ヘビの重みで天板が外れた可能性がある。外よりもまずはアパートの構造内部を捜索するべき(5/16時点のツイート)。
https://twitter.com/shirawatsuyoshi/status/1393707687876038658
捜索打ち切り直前。屋根の骨組みに巻きついていたようです。捜索を指揮していたイズー白輪園長も屋根裏をと言っていたけれど、大家の許可がなかなか降りなかったみたいですね。

白輪さんのグーサインが眩しい。

被害が出る前に見つかってよかったです。2012年の時の事故はショップ内でしたが、今回は不特定多数の方がリスクに晒されてました。今後大蛇飼いは厳しい目に晒されそうです。飼い主は既に退去済み。

因みにこのアミメのモルフはモチーノと言うそうです。
灯台下暗しとはこのことで、外に逃げていたという固定概念が邪魔をしてしまっていたのかもしれません。ただ、見つかって本当に良かった。これで、近隣住民のみなさんは安心できると思います。
近くに小学校もあったようで、人に巻きついたりして危害が出る前で何よりです。いやいや、しかし一般でのこういった生き物の飼育は本当に怖いですね、、
私も蛇を飼っているので、心配してました。本当によかった。
数日前に屋根裏にいるって言われていたような…屋根裏を探されては都合が悪い事情とかあったんでしょうか?
やはりペットはお腹が空いたら、ごはんを食べるために家に戻って来る動物の方が良いですね…
→個人的には、🐍をペットにする気持ちが分かりません。

蛇は2週間くらい食べなくても生きていけるのですよね。
水も飲まなくて大丈夫なのかな?
不自由な檻から逃れることができたのだからできるだけ遠くに逃げようと思うはずだというのは人間の想像に過ぎず,実際は消費エネルギーをできるだけ抑えていようとしていたわけだ.
ヘビを飼育している人がアパートを探す時、不動産側としてはヘビやカメはモノ扱い。インコや犬猫など鳴き声を出す動物であればペットとして扱うので、ペットを禁止している物件でもヘビを飼っている方は一定数いるみたいです。
見つかって良かったのですが、この騒動をきっかけに爬虫類を飼育している人たちは、自らの責任について重く受け止めてほしいと思います。
なによりも不幸なのは望まぬ飼育下の環境に置かれた動物たちなのですから。