新着Pick
177Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
健康⇄パフォーマンス⇄成果の関係を読み解く→バランスよく評価する仕組みが大事だなと思っています。
人気 Picker
健康経営が様々な企業でも大事な要素として取り扱われていますが、メタボ解消に向けた成果に社内通貨の支給は面白い取り組みですね。弊社にも社内通貨のポイントの仕組みがあり、感謝の気持ちを伝える文化の醸成であったり、お礼にといった様々な場面で使えるのですが、健康に向かっていくことに対する付与は新しい仕組みで参考にしたいなと思いました。
健康が大事ですと言うことで、健康に対してリモートワークの中で何をしていますか?という情報の共有をしており、いい取り組みだったら、シェアしていこうとしていたのですが、これですとメタボ解消に向けて頑張る人の起動力になりますね。
リモートワークで運動不足な人も多いと思うので、全体で健康への意識に色々な取り組みがされており、とても参考になります。
企業から健康増進へのサポートは、今多くの企業が取り組んでいる。 自分の目標を設定してのポイントなので、主体は各個人。 一つの好事例として 参考にしたい。
一般的なアプリなどでも歩数によるポイント付与などの仕組みは多く取り入れられていますので、特に目新しさはないなと感じて少し調べてみたら、健康社内通貨自体は2019年からスタートしているのですね。

https://www.rohto.co.jp/news/release/2019/0207_01/

ウォーキングなど毎日の努力によるポイントの積み上げだけでなく、メタボ解消という目標達成によるポイントの付与が新たに加わったということでしょうか。
もともとメタボではない健康を保ってる人はどうなるのか気になります!
社内通貨を用いた健康増進は興味深い試み。社員が健康でイキイキと働けるような仕組みの構築や投資は、企業にとっての競争力の源泉になると思います。
大企業ならではの手がこんだ施策ですね。

このような取り組みをメタボ解消製品をもつ企業がPRをしながら行うと、投資対効果高い取り組みになります。

健康経営は経営に資する取組みでなくては継続が難しいです。
校内通貨を発行したいですね。

以前に、ポジティブチケット(良いことをした際にもらえるチケット)を構想したことがありますが、手続きの煩雑さ、報酬の設定の難しさ、利益誘導と教育の相性の悪さからポシャってしまいましたが。

このコインは暗号通貨ではなく、ただの中央管理のコインなのかもしれませんが、

ゲーミフィケーションを通じて行動変容を促す社会が到来しはじめているのかもしれません。
健康促進のために社内通貨を付与するというのはいまっぽくていいのではないでしょうか。誰でもが使える福利厚生ではなく、ある程度の努力が形になった一だけがもらえるものと言うのは増えていいようにも思います。
合理的かつ生産的ですね。社内食堂と健康器具の購入に可能。いつの時代も食は大切ですし、そこにかかるコストは永遠ですもんね。ウェルビーイングや様々な社会問題に取り組むと今やそれがブランディングであり、メディアとなりますものね。ヒントは自社にあると捉え実行したところが素晴らしいと思います。
メタボの人のためのインセンティブなら、メタボでない人は?

一見すると良い取り組みに思えるが、先ずはメタボにならないように自己管理をしている人に対してインセンティブを与えるのが基本のように感じる。

予防措置に重きをおく方が本質的なのではないだろうか?
ロート製薬株式会社(ロートせいやく、英称:ROHTO Pharmaceutical Co., Ltd.)は、大阪府大阪市生野区巽西に本社を置く日本の製薬会社である。東京証券取引所の第1部に上場(証券コード:4527)。 ウィキペディア
時価総額
4,104 億円

業績