新着Pick
691Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
健康(アレルギー・乳糖不耐症対策など)や、ヴィーガニズム(動物からの搾取を忌避)の観点からの消費が主流であった代替ミルクですが、気候変動対策としての消費が第一に語られるようになったところが興味深いですね。
なお、代替ミルクの生産は牛乳と比較して、温室効果ガスだけでなく土地や水資源の消費量も少ないと言われています。
https://ideasforgood.jp/2020/02/06/plant-milk/

乳牛・肉牛に与える餌にテクノロジーを活用して排出されるメタンガスを低減することや、乳牛・肉牛を別物として飼育せずに乳牛を肉牛として活用できるようにすることで、温室効果ガス排出量は減ると言われており、世界でも一部、実施しているところがあります。しかしこれは緩和策であって、やはり牛の飼育数を減らすに勝る効果はないと言われています。

代替ミルクというと豆乳を思い浮かべる人も多いと思いますが、豆乳が苦手な人やアレルギーの人も多いでしょうから、様々な穀物や豆類を原料とするミルクが普及し、バリエーションが増えるのは喜ばしいことと思います。
ざっくりとですが、牛乳市場規模が約5500億円、豆乳が700億円、アーモンドミルクが60億円程度のようです。豆乳は代替ミルクの日本での本命ですが、10年で販売量が約2倍。豆乳はキッコーマンがシェア50%だそうです。

豆乳の国別の一人当たり消費量が割と面白くて、1番下のリンクにある国だとタイがダントツで1番で台湾、韓国と続く。オーストラリアが日本と同じくらい消費してるのと、ヨーロッパだとベルギーの消費量が多いのが面白いところ。

アーモンドミルクは正直まだ高いし、大容量(1L以上)ってほとんどスーパーで見ないんで、まだまだこれからってとこかと。ひと昔、ふた昔前なら、みのもんたのテレビで紹介されたら爆発的に売れたんでしょうが。

https://www.smbc.co.jp/hojin/report/investigationlecture/resources/pdf/3_00_CRSDReport028.pdf
https://www.marusanai.co.jp/ir/pdf/schedule/schedule20191108.pdf
https://www.sankeibiz.jp/smp/business/news/200512/prl2005121525143-s1.htm
https://diamond.jp/articles/-/232202

https://www.tounyu.jp/database/international.html
米国では医学部でも温暖化の授業が必修化しています。そのような教育を受けた人にとっては、代替ミルクはもはや自然な選択だと思います。

逆に多くの日本人にとっては、健康のため?とクエスチョンマークのつく不思議な選択かもしれません。

ビーガン自体は、残念ながら健康のアウトカムとしては、マイナスの結果を生むことも多いと思います。医療界としては適切なサプリメント教育がこれから求められる時代になるでしょう。
オートリーのコーヒー用ミルクは自宅で作る抹茶ラテ用、アーモンドミルクは朝のアボカドスムージーに、と、自分自身すっかり取り込まれてしまっている代替ミルク市場なので、記事を興味深く読みました。私を含めて別にヴィーガンでなくても美味しいから買っている人も多いのではないかと思うので、ローカーボンがどの程度購入の動機になっているのか気になりました。ラクトースを受け付けない人の選択肢としての需要もあると思います。
世界の人口成長に対して酪農が追いつかないこと、牛が二酸化炭素問題で影響を与えることを考えると、代替ミルク市場は今後期待されている分野ですね。ヨーロッパなどではずいぶん前から一般的になっているヴィーガンが日本で市民権を得られるのがいつか興味があります。
スウェーデン発のオーツミルクブランドは、環境負荷の低減や高い栄養価といった商品価値を訴求することで、健康やサステナビリティ意識の高い消費者を捉えることに成功し、限定的であった代替ミルクの新たな市場開拓を開拓してきました。

単なる代替ミルクの一部という立ち位置から脱却し、、「ポスト・ミルク世代」という概念を発出しており、オーツミルクを嗜好しているというステータスを創出することで消費者の需要を喚起していると考えられます。
やっぱり給食で牛乳でてた影響は大きいのかなぁ。あれなかったら滅多に飲むものではないなぁ
自分はミルク・牛乳は身体が受け付けません。乳糖(ラクトース)が腸内で消化出来ず、ラクトースフリー製品のアーモンドミルクやココナッツミルクなどで対処しています。

このOATLYはラクトースフリー、そしてグルテンフリーと聞いているので是非試してみたいです。
そもそもですが、牛の餌になる穀物の生産のためにブラジル・アマゾンの森林伐採が問題視されているので、大豆でもエンドウ豆(Beyond Meatの原料)でも同じように生産のために開墾されたら本末転倒。もちろん牛そのものの消費を減らすことが結果に繋がりますが、バリューチェーンを遡って考えるのも大事だと考えます。世界の温室効果ガス排出量だけでみれば75%は二酸化炭素ですが、次に多いのが20%弱でメタンガス。噛み砕いてメタンガスの分野別の発生源だと半分がエネルギーで30%が農業。そしてそのうち70%弱が牛(主にゲップ(反すう))から排出されるものです。加えて、メタンガスは二酸化炭素の28倍の温室効果があると言われており(大気濃度は二酸化炭素が桁違いに多いです)、こうした代替品は牛乳だけにとどまらず、牛由来のチーズやヨーグルト、そして植物肉培養肉業界の成長にも繋がってきていますなう。
Source :
UNFCC
https://di.unfccc.int/detailed_data_by_party
IPCC Fifth Assessment Report (AR5)
https://www.ghgprotocol.org/sites/default/files/ghgp/Global-Warming-Potential-Values%20%28Feb%2016%202016%29_1.pdf
私はヴィーガンじゃないけど、ミルクは豆乳、アーモンド、オートのなかでぐるぐるまわしてます。なにごともアレルギーないのなら、ひとつに片寄ることが健康に良くない気がしていますので、あとはこのみにあわせてバランス良く。
でも、ヨーグルトを作るときはどうもアーモンドミルクだとうまくできないので、豆乳使うこと多し。
単品で飲んで好きなのは、オートミルクです。

スタバもミルクの種類を選べるようになってきたし、そもそもヴィーガンのためだという印象がなくなるといいですよね。あと規模の経済を利用して安くなっていくとなお良いですね。

それにしても数年前ですが、公立の小学校で茶道実習をさせていただいた際、給食一緒に食べましょうとお声かけいただいたんですが、あのときに久しぶりに飲んだ牛乳がなんかもう小学校で嫌だった給食の記憶を一気に思いだし、一体いつまで牛乳は給食に付随するんだろうと思いました(笑)
この連載について
世界のクオリティメディアの記事をNewsPicks編集部が厳選し配信します。

業績