新着Pick

年収1200万円以上は廃止 児童手当で改正法

時事ドットコム
中学生以下の子どもを対象とした児童手当のうち、高所得者向けの「特例給付」について、年収1200万円以上の世帯への支給を廃止する改正児童手当法などが21日の参院本会議で賛成多数により可決、成立した。2022年10月支給分から適用され、政府は浮いた財源を、新たな保育所整備などの待機児童対策に充てる。
228Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
妥当なんじゃないの?目くじらたてるほどのことではない。
統計上2人以上の子どもを産む比率が50%を超えるのは、世帯年収が500万円以上です。つまり、乱暴に言えば、世帯年収500万未満のところを手当で熱くして500万以上に近くした方が、マクロ的な出産促進効果は期待できる。実際高所得層ほど子どもの数は少ない。
日本における中間層とはまさに世帯所得500-600万ですから、これより下をここに押し上げることが何より効果的。
日本の政治家、こういった政策に賛成する国民、揃いも揃って想像力が欠如していますよね。
1200万なんかたいして富裕層でもないのになぁ。まあ無駄に小金持ち気分になって生活レベル一気に上げたがる人が多いのも問題だけど。少なくとも少子化の速度を緩めるために、ここは削るところじゃないとは思います。
児童手当のうち、年収1,200万円以上の世帯への支給はh廃止に。
来年10月から適用で、浮いた財源は「新たな保育所整備などの待機児童対策に充てる」のだそう。
少子化対策には年収に関わらず児童手当は確りと支給すべき。
1200万円は低過ぎる。
一方で、夫婦共が高所得者の場合、日本では片方だけの高所得者と比較して控除の恩恵があまりに大きい。

まずは早く「夫婦合算課税」を導入し、今回のケースでは夫婦合算で1800万円辺りを閾値にするのがいいと思います。
これで「こども庁」とかほざいてるから笑えますね
年収1200万円なんて到底届きそうにないのですが、なんで現役世代をこれだけ苦しめたいのか謎。
絶対スパイ入ってるよな、国政に。