新着Pick
316Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
今回のワクチンについては、1人でも接種者が増えれば集団免疫獲得に近づき、医療ひっ迫緩和につながる。自分が打てなくても社会全体としては平常運転に戻れるので、間接的に十分な恩恵が受けられます。
日本は確率としての感染リスクは低いはずなので、そこは寛容になりたいですね。
人気 Picker
『「批判を恐れて廃棄することがないように自治体の裁量で廃棄しないで有効活用してほしい。自治体がやったことで批判があれば、それは私が責任を取る。どうぞ遠慮せず貴重なワクチンを使ってほしい」と語った。』 (@@フムフム
冷凍保存が必要で余れば扱いが難しいワクチンで、大臣の采配もあって数は十分確保できている。余った分を優先順位の異なる誰かに打ったからといって迷惑する人が出る訳でなく、合理的かつ臨機応変に判断して無駄を生まないことが接種率の向上に資する局面なのは明らかです。ところが、合理的に考えて公正であることを超え、主観的かつ結果的な公平を求めがちな我が国では、メディアが現場の異例な判断を殊更に取り上げて世論を煽れば、接種の遅れと活動自粛で不満が溜まる国民を納得させることが難しい。でも、政治家である自治体のトップ個々人はいざ知らず、実務に当たる現場の誠実さは医療関係に限らず日本が誇る強みです。偶にはン?と思う判断もあるでしょうけれど、現場の公正さを信じて任せるのが今は一番効率的であるように感じます。
ワクチン接種を巡って政府内では国民が一番信頼を寄せているように思える河野大臣が、批判されがちな政府を代表してこうした発言をなさるのは、批判を怖れざるを得ない現場にとって多分大きな力でしょう。現場の委縮を取り除く大事なメッセージかと思います (^.^)/~~~フレ!
トップが『責任を取る』と表明するのは、ありがたいですよね。
接種を進めて参りましょう。
さすが。カッコいい!
最近はメディアのせいで倫理観が飛んでしまった意見が多いですが、ゴミ箱よりは通りすがりでも誰かに打ったほうがいいのは当然。
とても力強い発言です!

キャンセル分に限らず、国会議員なども優先的に接種してもいいというお墨付きも与えてはいかがでしょう?

国権の最高機関の構成員であり、歳費という多額の税金が投入されているのですから。
河野さんらしい発言。
杓子定規に運用しすぎてワクチンが廃棄されては本末転倒。
米国では大渋滞に巻き込まれて会場への到着が大幅に遅れそうなワクチンを、予定より手前の地点での接種用に振り替えて、有効活用できたという事例もある。
様々な事情で廃棄されそうになったワクチンを後から説明できるようにして、自治体職員などに配分するのはむしろ褒められるべきことだと思います。
河野氏はまた、「いくつかの自治体や保健所などで接種券がない人には打てないという誤った指導を行っていたところがある」と指摘。その上で「誤った指導で貴重なワクチンが廃棄されるのは極めて許しがたい状況だ。保険所や自治体は認識を新たにしてほしい」と述べた。

→この感じの硬直が日本中あちこちに蔓延っていて、今のワクチン摂取後進国状態があるんだな。変えていかないとね。
そらにしても河野さん良いですね。リーダーはこういう風に明言してもらいたいですね。
大変合理的だと思います。今では誰でもワクチン接種ができるようになったアメリカですが,接種が始まった頃、簡単な登録だけで(あるいは場所によっては事前登録なしで),夕方になるとその日に余ったワクチンを希望者に接種していました。廃棄より当然理にかなっているわけですが、常識的な判断をしかねる自治体に対し、河野大臣が背中を押してくれたのは嬉しい。
この発言は素晴らしい。しっかりとトップが発信することで、状況は大きく変わる。
図らずともメディアの間抜けさが露呈してますしね
https://kabumatome.doorblog.jp/archives/65980003.html
「自治体の裁量で廃棄しないで有効活用してほしい。」
「自治体がやったことで批判があれば、それは私が責任を取る。」
政治家に期待されているのって、こういうことですよね。
企業のトップと同じです。トップが覚悟を示すことで、みんなのやる気スイッチが押されていくものだと思います。