新着Pick
87Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自公+国民民主という、珍しい組み合わせの賛成多数で可決。「厳罰化」という意味では一歩前進ですが、18歳・19歳を「特定少年」に位置づけるという宙ぶらりんな法改正であり、我が党は18歳から成人と見なすべき等の考えから、反対しました。
よく誤解されますが、メディアが少年を実名で報じないのは
、法に縛られているからではありません。少年の更生のため、そして、あくまで自主的な遵法精神によるものです。少年法は理念法に近く罰則規定はありません。実際のところ、メディアはこれまでも少年でも独自の判断で実名報道してきました。有名な永山則夫元死刑囚をはじめ、1998年堺通り魔事件、1989年の綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件などは新潮社や文藝春秋が実名を報じています。今回の法改正で、特定少年は「実名で報じてよい」という上から目線で定められました。違和感があります。メディアは、改正法とは別に、独自に実名が匿名かを判断していくはずです。
最終的に、18歳以上を少年法適用から除外するためのワンステップだと思います。

18歳以上になれば、少年法の理念である「可塑性」は期待できません。

被害者側の感情等も新釈すれば、18歳以上を少年法適用から除外することに個人的には賛成します。
(きっと、日弁連や弁護士会は反対するのでしょうけど)
「北風と太陽」
私は薬物依存専門ではなく、愛着障害をお持ちの方も診察する精神科医です。

愛着障害と薬物依存。
薬物依存は医学的アプローチだけではなかなか完治できません。
再発することが非常に多いです。
薬物依存を起こす根底には愛着障害があります。
「北風と太陽」の関係です。
愛着障害を癒すこと。
薬物依存を乗り越えることは同列です。

愛着障害が根底にあって起きてしまう依存症は、アルコール依存症、ネット依存症様々です。
とりわけ深刻な依存症には覚せい剤・麻薬などがあります。

薬物依存は、快楽や恐怖を和らげます。
薬物に依存してしまうのは人間不信による不安や恐怖を常に抱えているからです。

人生で最初に出会う、両親との安定した関係が愛情を注いでくれない、または様々な理由で甘えさせられず過干渉、反対のネグレクトを繰り返されて育つことを想像してみてください。
愛着障害になってしまう可能性が高いです。愛着障害の人は、ずっと愛着障害を抱えて生きてしまうのか?否、人様との出会いです。
出会うべき人(武道、勉学、趣味を通じて)に出会うと、傷ついた愛着が癒されていきます。
愛着障害による各種依存症も乗り越えることが出来ます。
「北風と太陽」太陽も必要です。
暴論を承知で言えば、日本の武士は12歳ころから元服し、粗相があれば切腹をしていたものだが、随分甘いなー。
成人にすればいいのにな、とは思うけど。色々な法律との調整大変なのかもしれませんが。