新着Pick
546Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
我々も事業パートナーとして連携させて頂きますが、果敢にチャレンジしていくこと自体、素晴らしいです。
バーチャル上で行きたい場所に行ってみて良かったらリアルでも行ってみるというユーザー行動があるかもしれませんね。
ワクチン接種普及で、国際旅行も拡大する中、攻めるなぁ、ANA。
まぁコロナ禍収束したら、日本各地の自治体からのプロモーション受託とかで仕事はあるかもですね?
今まで法被きて、温泉の素とか配っていた海外での旅行博出展が減るかもですしね?
100%失敗するに100万ペリカw JTBのバーチャル旅行もだけど何でこれが稟議通るんだろう?? Payへの参入も含めて謎すぎる… しかも5年で3000億円の売上って…

ANA、仮想空間で疑似旅行 累計売上高5年で3000億円
バーチャルな空間という点では、あつ森やFortnite、セカンドライフみたいな感じか?それを事業会社が知見・ネットワークがある領域に特化して、ANAの場合は旅行。
SNSとかECが、一般的なものから段々専門特化したものにも文化していったようになっていくだろうか?大変な状況ななかでのチャレンジ、うまくいくと嬉しい!

<追記>下記の日経記事も。さすがに5年で累計3000億円の売上は、目指すといっても今の段階であまりにムーンショットすぎると感じる…
https://s.nikkei.com/2SewzPG
<追記終>
「時間や場所にとらわれずに、リアルの世界までつながる新しい体験を世界中のスマートフォンユーザーに提供する(記事から引用)」是非、実現してもらいたいですね。某大手旅行会社が発表したバーチャル旅行よりも映像と音楽のクオリティは相当高くなりそうです。旅行ゲームとして販売してもらいたいぐらいです。
どうしてもJTBさんのバーチャル旅行プラットフォームの悪夢がよぎるのですが、本気の人選には見えるので、ああはならないと祈ります
https://buzzap.jp/news/20210409-jtb-virtual-japan-platform-poor-quality/
加藤さんが引用している日経記事だと5年で累計3000億の売上目標って、どんな計算して出したのか気になりすぎる
そもそもどういうマネタイズモデルなのか不明だし
ゲームだとしてウマ娘作ります、みたいな感じですがね
FFでもそんなに稼いでない気がする
加えて、その売上作るために、コロナで資金不足で大変な中でいくら位投資するのかも気になりますね
額が大きいと新規の資金調達する際に、「そんなもののために金を出すんじゃない」と言われそう、、
ワクチンが行き届けば、旅行需要は戻ってくるはずです。

その際に魅力を維持できるサービスであるのならば良いのですが、これまでゲーム以外でメタヴァースが成功している事例は少なく、難易度が高いため、勝率の高くない勝負ではありそうです。
こういうコンテンツのアイデアをメインに使う層と関係するブランドやコンテンツがめちゃくちゃずれていて実際は誰にも使われない未来が容易に想像できてしまい、PR目的に見えてしまうのは私が捻くれすぎているのでしょうか?
大企業のバーチャルの取り組みはどうしてもクリエイティブを軽視しがち。体育館のようなところにロゴを並べただけのものや、写真を大量に張り付けての「とりあえず」なものが多いなか、本気のコンテンツを提供しようという強い意志を感じます!応援したい!!

月並みな言葉で言うと「ピンチをチャンスに」。コロナ禍に見舞われたときに攻めの姿勢で大きな改革を行うことは言うほど簡単なことではない中でも、改革を行うANAさんや伊勢丹さん、ディズニーさんなどの姿勢や、現場担当者の情熱には感服します。
ANAに乗ったら流れてくるあのAnother Skyを手掛けている葉加瀬太郎さんが音楽監修とのこと、どんなサウンドが出てくるのか楽しみです。田端さんもめちゃくちゃパワフルですね。
時価総額
6,193 億円

業績

ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.22 兆円

業績