新着Pick
127Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「差別は許されない」という一文が加わって地団駄を踏む与党内「保守派」の審査会。偏狭で侘しい連中だという一文で片付ければ良いのですが、そもそも実効性のない「わきまえ」あるあるの見せかけの法案だったのに、ここで「慎重」とは笑止千万

別の報道(TBS NEWS)によると「「道徳的にLGBTは認められない」「人間は生物学上、種の保存をしなければならず、LGBTはそれに背くもの」などの声も上がり、法案に反対する議員が大勢を占めたということです」

彼らの言動から自民党が唱える「理解増進」が何であったかがくっきりと浮かび上がってきます。そういう意味では、一定の効果はあったとも言えます。「寛大になろう」「理解が深まるまでは」は単なる見え透いたエクスキューズであり、差別を無くして困っている人々に「平らな競技場」を与える思慮も気概もさらさらないのです。哀しい集団を戴いた、アンラッキーな国民。
> LGBTへの「差別は許されない」との文言が加わったことに慎重論が出され

いったいこれの何に反対してるのか全く理解不能 差別は許されるっていいたいの? LGBTだって人間やで
別ソースより
〉「差別だと訴える訴訟が増えて社会が混乱する」といった反対意見が相次いだ。

とのこと。つまり、すでにLGBT差別が起きている事案が多くある(と認識している)のでパンドラの匣を開けてはならないということでしょうか。

例えそれが"混乱"を伴うとしても、差別されている人がいる限りは解決に向けて一歩ずつ進んでいくのが同じ人間の基本事項なのではないでしょうか。困難なくして道は拓けないと思います。
LGBTって少数派だけれど、そういう大多数と比べて変わっている人も含めて日本国民だよ。大切な我々の仲間だよ。って明確に言える人が政治家であってほしい。多様性を認める社会が世界に輝く日本を実現すると思う。
政治家変えないとだめなんですよ。そのためには人口動態が変わるまで待たないといけない。。。
昭和の人には理解できない価値観でしょうね。可哀想