新着Pick
32Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ワクチンがモノを言う、という政治的コンセンサスを形成し、経済を本格的に回したいという意図が窺えます。
欧州では、夏のバカンスで南欧に行きたいという思いが強い。ギリシャは観光業が壊滅的な状況にもあって前のめり。去年もバカンス前に国境管理を緩めて感染拡大につながったが、今年はワクチンがある。ワクチン接種証明の社会実装も進めるだろう。しかし接種率が低い値域では、また感染拡大しそう。
おそらくEUとして国境封鎖を義務付けないということで、各国の対応はそれぞれだろう。
シンガポールで7月頭までに2回のワクチン接種を予約できたし、「14日間の新規感染者数が10万人当たりで75人未満」は今の10倍以上の感染者数なので、ワクチン普及する夏にヒットする確率少なさそうだから、EU圏内をあちこち休暇中に旅をしたい
欧州内はポルトガルが以前より行き来が出来ていましたが、やはり決め手はワクチン接種ですね。まずは域内での入域として需要回復、次は北大西洋路線ですね。EU各国での判断では無くEU全体としての判断により、今後のビジネス渡航や旅行においても需要回帰がますます高まりますね。

各国における入国の制限はまだ確定ではないですが、日本としてもあともう少しの辛抱ですね。焦る気持ちはあるかも知れませんが、来たる日に今は備えたいですね。