新着Pick
63Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
エボラ出血熱みたいに致死率の高いウイルスは陽性者と濃厚接触者を“積極的疫学調査”で追って隔離することで撲滅できますが、無症状者が感染を拡げる新型コロナのようなウイルスは、一旦市中に広がると積極的疫学調査で止めることはできません。だから政府は人の移動を伴う経済活動そのものを止め、保健所等の負担を軽減すべく2度目の非常事態宣言に平仄を合せ1月8日に積極的疫学調査を緩めることにした筈です。保健所と医療機関に負担を掛ける2類感染症としての扱いを見直す議論も同様の趣旨であったはず。
しかしその後、感染収束と共に積極的疫学調査を再開し、2類感染症としての指定もそのままで、一定期間の観察が必要な入国者も確たる隔離施設を準備せぬままトレースは保健所に任されているようです。こうした状況で陽性者が増えれば現場に負担が掛かるのは必定です。危機を前にした奮闘に頭が下がる思いです。一刻も早くワクチン接種が進み、平常化するよう念じます。
感染者爆発のあとは重症者爆発が来ます。そのあとは死者爆発が来ます。首都ではとうとう秩序が崩壊しました。手前勝手の尻拭いは保健所職員と医療関係者総出で行います。

こんな状況でも営業をするというのなら、堂々と医療関係者や保健所職員の前で「飲食では感染は出ません。通常営業をやります。」と言えばいい。そんなことを聞いてる余裕もないほどに忙しいだろうけど。
ホント誰のせいで、という感じ。「医療従事者に感謝」というなんかお決まりの文句を言いたがる人は「公務員に感謝」も付け加えてあげてください。街のヤブ医者より圧倒的に貢献度高い。
保健所を救ってほしい。厚労省の一手を期待します